マスターブログ

2015年4月18日 土曜日

創業・第二創業促進補助金の募集がはじまっています

今回は創業地域が限定されています。例えば、東京都港区で創業する場合は申請できませんが、お隣の品川区での創業であれば、申請対象になります。5月8日が締め切りです。
最大200万円まで補助されますので、創業計画中の方はチャレンジされてはいかがですか?

申請のポイントです。
1.事業の独創性
技術やノウハウ、アイディアに基づき、ターゲットとする顧客や市場にとって新たな価値を生み出す商品、サービス、又はそれらの提供方法を有する事業を自ら編み出していること。
2.事業の実現可能性
商品・サービスのコンセプト及びその具体化までの手法やプロセスがより明確となっていること。
実施に必要な人員の確保に目途が立っていること。販売先等の事業パートナーが明確になっていること。
3.事業の収益性
ターゲットとする顧客や市場が明確で、商品、サービス、又はそれらの提供方法に対するニーズを的確に捉えており、事業全体の収益性の見通しについて、より妥当性と信頼性があること。
4.事業の継続性
予定していた販売先が確保できないなど計画どおりに進まない場合も事業が継続されるよう対応が考えられていること。
事業実施内容と実施スケジュールが明確になっていること。また、売上・利益計画が妥当性・信頼性があること。

と書くと、難しく感じますね。
独創的なアイデアやサービスなんて、なかなか思いつかないし。。。。

「独創的」とは、一見、ハードルが高く感じますね。しかし、ちょっと違う表現で考えてみます。
昔、城野宏先生という、脳力開発で有名な先生がおられました。
この先生の戦略三国志(上中下3巻)は名著ですので、もし、図書館で見かけたら読んでみてください。

この城野先生は、発明とは、あるものとあるものの組み合わせだ、とおっしゃっています。
つまり、新しいものとは、新しいコンビネーションのことだと。
例えば、飲食店で新しいサービスを行おうとするなら、既存のサービスと既存のサービスを組み合わせるとか、他業界のサービスを導入するとか、あるいは組み合わせてみるとか、組み合わせを試行錯誤してみると新しいものが生み出せるかもしれません。

ぜひ、チャレンジしてみてください。

最後の宣伝です。
当事務所は認定経営革新等支援機関ですので、補助金申請支援を行うことができます。

創業促進補助金のホームページです。
http://sogyo-hojo.jp/27th/index.html


投稿者 杉田浩二税理士事務所