マスターブログ

2016年11月22日 火曜日

当事務所が組成を支援したファンドが募集を開始しています

当事務所が支援しました「深川あさり飯と純米酒の門前茶屋ファンド」が募集を開始しています。
https://www.securite.jp/fund/detail/2733

JR両国駅西口にある旧駅舎が、"粋な江戸の食が堪能できる"商業施設「-両国- 江戸NOREN」として、11月25日(金)にリニューアルオープンします。
この施設への出店費用の一部を調達するため、当ファンドが立ち上げられました。
当事務所では、事業計画策定支援のほか、ファンド組成業務の支援を行っています。









投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2016年2月28日 日曜日

安全衛生優良企業公表制度

昨年6月から、厚生労働省において「安全衛生優良企業公表制度」の受付が始まりました。
この制度は、労働者の安全や健康を確保するための対策に積極的に取り組み、高い安全衛生水準を維持・改善しているとして、厚生労働省から認定を受けた企業を公表するものです。

この認定を受けると、認定を受けている証として、名刺等に「Wマーク」を表示できます。
国から、ブラック企業ではない、というお墨付きを得ることで、学生の採用活動に有利になると期待されています。

この認定を受けるためには、過去3年間労働安全衛生関連の重大な法違反がないなどの基本事項に加え、労働者の健康保持増進対策、メンタルヘルス対策、過重労働対策、安全管理など、幅広い分野で積極的な取組を行っていることが求められます。
基準を満たした企業は、3年間の認定を受けることができます。

杉田が理事となっております一般社団法人安全衛生優良企業マーク推進機構(略称「SHEM」)は、この制度に積極的に協力し、各企業の認定取得を推進することで、労働環境の向上に資するとともに、会社のあり方や業務の見直し等を通じ、多様な働き方を認め合える社会(一種の働き方革命)の実現を目指します。
SHEMでは、認定に関する相談をお受けしております。
(SHEMは、厚生労働省との関連はありません)

投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2015年5月 3日 日曜日

東京都港区「新規開業賃料補助制度」の募集が始まります。

東京都港区では、創業当初の経営が不安定な時期に賃料の一部を助成し、区内における新規開業を支援しています。
具体的には、12か月を限度として、月額賃料の1/3を補助(限度額は5万円)します。

主な要件は下記になります。
(1) 平成 26年6月1日から平成2 7年5月3 1日までに創業 していること(事務所の賃貸借契約も左記期間に締結していること)。
法人の場合 ...履歴事項全部証明書記載の法人(会社)成立年月日
個人の場合 ...開業届に記載した開業日
(2) 申請する事業のほかに主と してを営んでいなこ。
(3)港区内に事務所 又は 店舗があること。
法人の場合 ...本店登記地と主たる事業所が 港区内 にあること 。
個人の場合 ...主たる事業所が港区内 にあること 。

申請期間:平成27年6月1日(月)~30日(火)
詳しくは港区ホームページをご覧ください。
http://www.minato-ala.net/topics/2015/0501.html

投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2015年4月18日 土曜日

創業・第二創業促進補助金の募集がはじまっています

今回は創業地域が限定されています。例えば、東京都港区で創業する場合は申請できませんが、お隣の品川区での創業であれば、申請対象になります。5月8日が締め切りです。
最大200万円まで補助されますので、創業計画中の方はチャレンジされてはいかがですか?

申請のポイントです。
1.事業の独創性
技術やノウハウ、アイディアに基づき、ターゲットとする顧客や市場にとって新たな価値を生み出す商品、サービス、又はそれらの提供方法を有する事業を自ら編み出していること。
2.事業の実現可能性
商品・サービスのコンセプト及びその具体化までの手法やプロセスがより明確となっていること。
実施に必要な人員の確保に目途が立っていること。販売先等の事業パートナーが明確になっていること。
3.事業の収益性
ターゲットとする顧客や市場が明確で、商品、サービス、又はそれらの提供方法に対するニーズを的確に捉えており、事業全体の収益性の見通しについて、より妥当性と信頼性があること。
4.事業の継続性
予定していた販売先が確保できないなど計画どおりに進まない場合も事業が継続されるよう対応が考えられていること。
事業実施内容と実施スケジュールが明確になっていること。また、売上・利益計画が妥当性・信頼性があること。

と書くと、難しく感じますね。
独創的なアイデアやサービスなんて、なかなか思いつかないし。。。。

「独創的」とは、一見、ハードルが高く感じますね。しかし、ちょっと違う表現で考えてみます。
昔、城野宏先生という、脳力開発で有名な先生がおられました。
この先生の戦略三国志(上中下3巻)は名著ですので、もし、図書館で見かけたら読んでみてください。

この城野先生は、発明とは、あるものとあるものの組み合わせだ、とおっしゃっています。
つまり、新しいものとは、新しいコンビネーションのことだと。
例えば、飲食店で新しいサービスを行おうとするなら、既存のサービスと既存のサービスを組み合わせるとか、他業界のサービスを導入するとか、あるいは組み合わせてみるとか、組み合わせを試行錯誤してみると新しいものが生み出せるかもしれません。

ぜひ、チャレンジしてみてください。

最後の宣伝です。
当事務所は認定経営革新等支援機関ですので、補助金申請支援を行うことができます。

創業促進補助金のホームページです。
http://sogyo-hojo.jp/27th/index.html

投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2015年4月10日 金曜日

補助金・助成金情報

フェイスブックに、補助金助成金の情報を載せていますので、ぜひ、ご覧ください。
https://www.facebook.com/koji.sugita.99?ref=aymt_homepage_panel

投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2015年4月10日 金曜日

【東京都港区】ホームページ作成・変更費用補助金

4月1日から受付開始されています!!
東京都港区内中小企業が新たにホームページを作成する場合、または既に開設しているホームページを変更する場合、制作費用等の一部(上限5万円)を区が補助します。募集枠は70社です。
詳しくは下記をご覧ください。
http://www.minato-ala.net/guide/shien_c/homepage.html

投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2015年2月 6日 金曜日

クラウド会計ソフトfreee

今年、最初のブログです。
本年もよろしくお願いいたします。

アベノミクスの第三の矢である「日本再興戦略」では、現在5%弱の開業率を2020年までに10%に引き上げる目標を掲げています。サービス分野を含めて生産性の底上げを行い、稼ぐ力の向上をさせようというものです。

日本には、およそ100万人の創業希望者が存在するといわれていますが、実際に起業までに至るのは3~4割にとどまっています。起業を断念する原因としては、「事業資金の調達」、「販路(取引先)の確保」、「高度な技術力、企画力、営業力を持った人材の確保」、「会社の運営方法、人材管理等の経営ノウハウ」などがネックとなることが挙げられています。

中小企業は人材確保が難しく、経営者自ら営業に出たり、事務作業を行ったりしなければならず、負担が大きい。
しかも、経理作業にいくら時間を割いても、売上に直接結びつきません。できるだけ、作業負担を軽減したいところです。

私も、日々、経理作業の負担軽減と効率化を図れるツールがないか探しているのですが、最近、ネットやテレビCMでよくみるクラウド会計ソフト「freee」のことが気になり、昨日、説明会に参加してきました。

デモも見た感想としては、従来の会計ソフトとは発想が異なり、簿記の要素がほぼありません。
資金の流れをベースに画面が構成されていますので、私にとっては最初、違和感がありましたが、すぐに理解できました。
請求書の作成もでき、そのデータをそのまま帳簿に取り込めます。経費精算は、レシートや請求書を写真に撮りアップロードすると内容を読み取り、データ化されます。インターネットバンキング契約をしている銀行の取引きデータもCSVで取り込めます。
現金の出納は手入力になりますが、90%近く自動化できるため、大幅な効率化につながります。

1人で起業された方には、特におすすめできるツールかと思います。
クラウドですので、PCがあればどこでも使えますし、PCにデータが残らないため、セキュリティ対策にもなります。

事業資金の調達については、日本政策金融公庫の低金利かつ無担保無保証人で借り入れ可能な「経営力強化資金」がおすすめです。経営革新等支援機関の認定を受けている当事務所へご相談ください。

販路の確保や経営ノウハウについては、国の専門家派遣事業(2月末日で終了)を利用することで、無料で専門家に相談できました。次年度も続けてほしい事業です。

当事務所は、日本政策金融公庫の創業融資と会計シフトfreeeに対応しています。







投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2014年12月 4日 木曜日

ミシュランガイド2015

早くも、12月。
朝夕は寒くなりましたね。

12月は師走というぐらいで、忙しい月かと思いますが、先月も、なにげに法人申告が多くあるうえ、相続税の申告と税を考える週間の行事も重なり、かなり忙しかったです。

相続税の申告の仕事は、若かった頃は特例適用で納税額がゼロになるような申告ばかり依頼されましたが、ここ数年はそういう申告の依頼はあまりなく、数千万円以上の単位の納税になるものがほとんどで、申告書を提出する瞬間、若干緊張します。
信用を裏切らないようにしないといけませんね。

ところで、先日、ミシュランガイド東京2015が発表されました。
私のお客様では、西麻布の豪龍久保さんが2つ星、北青山の太月さんが1つ星を獲得しました。
おめでとうございます。

どちらも日本料理店ですが、豪龍久保さんは小人数で、太月さんは比較的大人数のグループで楽しめます。
忘年会や記念日などにぜひ、ご来店ください。

投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2014年10月 1日 水曜日

もう、10月

今年も、もう、10月に入りました。
年々、時間の過ぎるスピードが速くなっていくように感じます。

6月に一念発起し、経営革新等支援機関推進協議会に加入し、経営改善計画の策定やものづくり補助金の申請ノウハウなどを学びはじめてからも4か月経ちました。

特に、ものづくり補助金は、申請レベルが年々上昇し、国が定めた技術ニーズに対応した内容やキーワードが入っていないと、どんなに革新的な技術開発であっても、申請は採択されないという、ある意味、衝撃的な事実を知りました。他にもいくつかはずせないポイントがあります。知っているか知らないかで、結果が大きく異なってしまうので、情報収集には、投資を惜しんではいけませんね。

当事務所では、このように収集したノウハウを生かして、積極的に補助金・助成金申請サポートや経営改善計画作成支援・フォローを行っていきますので、お気軽にお問合せください。

投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2014年8月31日 日曜日

創業融資に積極的な政策公庫

当事務所では、日本政策金融公庫の創業融資申請の支援を行う場合、事前相談のアポ取りから申請書の送付まで行います。

初めて融資申請を行う場合、どうやって連絡してよいのか不安に思われる方が多いので、当事務所が代わりにアポを取り、希望される場合は、相談に同席します。

融資申請書や創業計画書の添削も行い、仮に不備がある場合、当事務所に修正依頼の連絡が入りますので、お客様は安心されるようです。

ところで、アベノミクス第三の矢である「日本再興戦略」の中で、今後10年間で開業率を10%にすることが目標として掲げられているのをご存じの方も多いと思います。

この戦略にもとづき、日本政策金融公庫は創業融資を推進しており、特に、我々のような認定経営革新等支援機関との連携による創業計画の策定と融資には積極的です。

つまり、今は、創業するのに最も適した時期といえます。
ご自身の店を持ちたいという夢をお持ちの方は、今が、チャレンジできる良い機会かもしれません。

投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2014年8月20日 水曜日

カフェ開業急増

8月18日付日経MJによると、
日本政策金融公庫における2013年度の喫茶店の創業融資は426件で、12年度に比べて24%増えたといいます。

14年4~6月も増加しており、増加理由としては、カフェブームが続いていることなどから、商機ととらえる人が増えているのと、20代にスターバックスコーヒーの開業などを目の当たりにした世代が自己資金を貯めて参入しているため。
喫茶店は、他の飲食業に比べて開業資金が抑えられる点もカフェを選ぶ一因となっている。

1世帯当たりの喫茶代の支出額は増加傾向で、大手チェーンも積極出店しており、個人店は古民家を改装するといった店構えやアイデアをこらしたメニューなどで個性をアピールする動きが目立つ

ということです。


私もカフェの開業融資申請のアドバイスをさせていただいておりますが、カフェの創業融資を受けるうえでのポイントがあります。

ひとつは、差別化。コンセプトですね。
あなたの店はドトールコーヒーショップやスターバックスコーヒー、あるいは、コメダ珈琲店とはどう違うのか。
大手チェーンと似たような店を出店しても、成功する可能性が低いので、創業計画書でこの点が明確になっていないと、融資申請が通る可能性は低いです。

上記の日経MJの記事にあるように、「古民家を改装するといった店構えやアイデアをこらしたメニューなどで個性をアピールする動きが目立つ」というのは、そういう理由です。

もうひとつは、どうやって収益をあげるのか。
カフェは客単価が低いので、客数を増やす=客席回転数を多くしなければ成り立ちません。
少なくとも、損益計画で損益分岐点客数を正確に把握し、その客数以上集客し、なおかつ借入金を返済できるだけの利益を上げる計画を立てなければ、融資は受けられません。

「損益分岐点客数=固定費÷客単価当たりの粗利益」です。
たとえば、コーヒー1杯を400円で売るとして、原価が50円とすると、差し引き350円が1杯あたりの粗利益です。
人件費、家賃、光熱費その他の経費の合計が固定費です。

仮に、コーヒー単品しか販売しないとして、固定費が月に100万円かかるとすると、100万円÷350円=2,857.14人、端数切り上げて、月に2,858人集客する必要があります。
月25日営業する場合は、1日当たり115人集客しないと赤字になります。

実際の計画では、ランチタイム、カフェタイム、ディナータイム毎の客数と客単価を予測し、それに基づいて計算しますので、少し複雑にはなりますが、いずれにしても、損益分岐点客数以上集客し利益を出せるだけの魅力ある店が作れるのか、やはり、コンセプトが大切になります。
自分の店はチェーン店とどう違うのか、明確に差別化できないと、なかなか融資は通りません。

投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2014年8月11日 月曜日

利益はいくら必要ですか?

過去にないぐらいの暴風雨をもたらした台風11号でしたが、ようやく日本海上に抜けたようです。
被害を受けられた方に、心よりお見舞い申し上げます。

私は先週金曜日に京都へ行き、土~日に延暦寺にて参禅教室に参加する予定でしたが、中止になったため、この週末は仕事をしたり資料を読んだり、今後の事業展開などを考えたりして過ごしました。

そうしましたら、ふと、居酒屋を数店舗経営されているある社長から、決算時に

「先生、うちの会社はいくら利益を出せばいいんですか?」

と聞かれたことを思いだしました。

利益というのは、目標、言い換えれば、目的地です。

例えば、私が先週の金曜日に京都へ行ったとします。
ホテルのチェックインを午後9時にしていました。
この場合、目的地は京都駅前のホテルで、午後9時までに到着しなければなりません。

では、そのためには何時に出発しなければならないか。

最寄駅から京都駅まで新幹線で約2時間30分、京都駅からホテルまで約5分かかりますので、逆算すると、午後6時頃には事務所を出る必要があります。

これを利益計画に置き換えると、目標利益に相当する、何時に目的地に到着したいかとは、午後9時に京都のホテルにチェックインしたい、ということです。
そして、売上に相当するのは、逆算して、午後6時に出発する、ということになります。

従って、いくら利益がほしいのかという目標は、当事者である社長自身が決めることです。とはいえ、見当がつかないよ、という場合も多いと思います。

目安として、借入金がある場合は、(年間返済額-減価償却費)÷0.6が最低限必要な利益です。減価償却費はお金の支出を伴わない経費ですので、そのまま返済額に充当し、足りない分を利益から返済することになります。利益からは法人税等の税金が約0.4引かれてしまいますので、残った0.6で返済します。

さらに、さきほどの(年間返済額-減価償却費)÷0.6に人件費や家賃等の経費をプラスすると、目標粗利益になります。

目標粗利益÷粗利益率で、目標売上が計算できます。

このように、目標利益から逆算して目標売上を計算します。

事業を拡大するため、さらに銀行から借入れを行いたい場合は、最低限必要な利益を、その分増やす必要があります。
当然、目標売上もそれに応じて増えますので、実現可能かどうか、よく検討する必要があります。

「事業経営は逆算である」と一倉 定先生はおっしゃっていますが、上記を見ますと、まさにそのように思います。

投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2014年7月26日 土曜日

創業融資

連日の暑さが体に堪えますね。

このところ、開業相談にみえる方が多く、先月は2件、日本政策金融公庫の創業融資を申請し、両方とも、無事融資がおりました。
1件は経験豊富で問題なかったのですが、もう1件の方はほぼ未経験でした。

他で断られ、私のところへはダメモトで相談に見えたと思いますが、企画が良かったこともあり、資料作りに苦心したものの、満額の融資(1000万円超)を1.5%弱の低金利で受けられました。もちろん、無担保無保証です。
こういう事がありますので、我々税理士も多少の存在価値はあるのかな。。。と思います。

先日、もんじゃ・お好み焼き店を経営されているお客様と雑談している際、、焼肉屋は夏でも客が入るのに、お好み焼き屋に客が入らないのはなぜか、という話になりました。

どちらも網と鉄板の熱で、夏の暑さに拍車をかけます。

結論から言いますと、肉はスタミナがつきそうだから、という気持ちの問題だろうということになりました。

そういえば、沖縄料理店のお客様も、夏は一番売上が上がります。
要は気持ちの問題ですね。

この店は今年に入ってから好調で、お客様をその気にさせるような夏場対策を色々考えられているようです。

飲食店全般を見ますと、4月は消費税増税の影響は受けず好調が店が多かったものの、5~6月はそれほど伸びず、7月前半は少し盛り返しているという感じがします。

価格よりも、お客様の気持ちになって商売をすることが大事ですね。

投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2014年5月 8日 木曜日

中小企業経営力強化資金

当事務所では、異業種から進出される方、独立される方など様々な方の創業支援を行っています。
中でも、日本政策金融公庫の創業融資制度の利用については、かなりの実績をあげており、過去には、ミシュランの星をとられたお客様もおられます。

日本政策金融公庫から創業融資を受けるには、飲食業の経験があることが必要ですが、そのほかに自己資金を融資希望額の3分の1以上用意することも必要でした。

高級店を開業する場合、初期投資額が大きくなるため、自己資金のハードルが高くなります。
また、高級店ではなくても、自己資金が足りないため、投資計画の見直しが必要になったり、出店場所を見直したりと、予定通り開業できない場合もあります。

そのため、自己資金をいかに調達するかが重要でした。

今、「重要でした」と記載しました。

と、いうのは、昨年から日本政策金融公庫では、自己資金の条件を設けていない「中小企業経営力強化資金」という新しい融資制度をはじめたからです。

この制度は、当事務所のような「経営革新等支援機関」の指導のもと創業計画を作成し融資申請した場合、自己資金の条件がないうえ、1%台の低金利で融資を受けられるという、創業希望者にとって非常にお得なものです。

ただし、あまり融資額が大きいと、その後の返済負担も大きくなり、返済できなくなるおそれもありますので、損益計画を実現可能性の高い数値にまで精度を高め、返済可能かどうか検証していく必要があります。

当事務所は、「経営革新等支援機関」として、創業計画作成と日本政策金融公庫への融資申請のアドバイスをさせていただいております。
開業をお考えの方で、公庫への融資申請に不安をお持ちの方は、遠慮なくご相談ください。
ご相談は何度でも無料です。

投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2014年4月12日 土曜日

消費税増税に想う

消費税増税から10日あまり経ちました。

数円~数十円の違いでも、心理的にまったく違いますね。
私は出前をよくとるのですが、3月中は990円だった広東麺が、4月以降は1,050円になりました。
さすがに単品で1,000円超えると、一瞬、高いな~、と思ってしまいます。

セットメニューだと、1,000円超えても、そこまで高いとは感じませんが。。。

結局、出前を取らずに、食べに行ったりしています。

新潟のスーパーが、消費税増税に対応したレジに買い替えることができず、破産申立てをしたとのニュースがありました。
大手との競合により業績が悪化し、2店舗で負債総額が4億円あまり、借入金はリスケ中で元本返済は猶予されていたようですので、消費税増税が原因というより、破産を決断させたということかと思います。

今後、中小の経営環境は厳しさが増すばかりかと思いますが、羽村市のスーパー福島屋のように、差別化して成功している例もあります。
飲食店もしかり。地元に根付いて、小さくても繁盛している店はたくさんあります。
私の事務所の近所にインド料理屋があるのですが、そのインド人の店員は、私の顔を見ると、最近来ない、とか、久しぶりですね、とか、片言で話しかけてきます。
そうすると、私も、たまには行ってやるか、と、つい、思います。

私は若いころ大食いだったのですが(今も?)、当時勤めていた会社の近くの中華料理屋では、いつも、チャーハン「大盛りの大盛り」をオーダーしていました。要は普通盛りの200円増しなだけなのですが、メニューにはありません。
また、やはり、近所の蕎麦屋さんには、ぞうすいにうどんと餅を入れる大食いの私専用メニューがありました。
ですので、当時はチャーハンはここ、うどんはここ、と決めていました。
どちらも、昼時は店外までお客さんが並んでいる繁盛店でした。

懐かしい昔話みたいになりましたが、こういう小回りが利くところが、小さいお店の良いところですね。






投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2013年9月 5日 木曜日

まもなく、第3回創業補助金の公募が始まります

第3回創業補助金(地域需要創造型等起業・創業促進事業)の募集が、今月から始まる予定です。
詳細はまだ公表されていませんが、参考までに、第2回創業補助金のご案内のURLを記載しますので、参考にしてください。

http://www.smrj.go.jp/utility/offer/075939.html

詳細が公表されましたら、お知らせします。

今年に入ってから何社か、日本政策金融公庫から融資を受けて、開業されましたお客様がおられますが、その中に、物件を見つけてから約2か月で開業されたお客様がおられました。
融資が間に合うかひやひやしましたが、公庫の担当者に無理を言って、短期間で審査していただき、何とか間に合わせました。

当事務所では、日本公庫とのパイプを生かして、創業融資申請の支援を行っております。

開業準備が忙しくて、というお客様には、クレジットカード会社や広告会社の手配、健康保険や労働保険の手続きなども代行しております(労務関係は社労士に依頼します)。

経営革新等支援機関として、創業補助金をはじめ、各種補助金の申請サポートや事業計画の作成・実施支援も、もちろん行っております。

これから年末にかけて、開業をお考えの方は、試しに、当事務所へご連絡ください。

投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2013年5月26日 日曜日

心外に別法なし

いい歳して恐縮ですが、あることがきっかけで、さしこ推しになりました。

「さしこ」とは、ご存じの方も多いと思いますが、HKT48の指原莉乃さんです。

指原さんは自身のスキャンダルがもとで、AKB48から博多のHKT48へ左遷?されました。
その直前には、AKB総選挙で4位となり、まさにアイドルとしての絶頂期を迎えようとしていたところではないかと思います。

自分自身で蒔いた種とはいえ、一転、奈落の底に突き落とされたような感じだったと思いますので、普通ならクサッタリするのではないかと思います。

しかし、指原さんは、同じ事務所の先輩の芸人さんに手荒く励まされ?ながら、与えられた仕事をしっかりこなし、今やスキャンダル前を超える人気ではないかと思います。

おそらく、博多行を左遷としてとらえたのではなく、自分の最高のステージを与えられたととらえ、そこで最高のパフォーマンスを発揮しよう、と考えられたのではないでしょうか。

まさに、置かれた場所で咲いてますね。

心外(しんげ)に別法(べつほう)無し、とは禅語です。心の外に法はない、つまり、今起こっている現象はすべて自分の心が作り出したもので、他には何もない。

目の前の出来事をポジティブに考えるのか、ネガティブに考えるのか、とも言えます。

果たして、今、自分の置かれているこの世界は天国なのか、それとも地獄なのか。。。それは、あなたの心次第です。

都市伝説のパクリになってしまいました。


投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2013年5月10日 金曜日

業態を絞る

首都圏や地方の大都市圏のような人口の多い地域では、業態を絞り込んで成功している店が多いですね。
業態を絞るということは、客層を絞り込むということ。つまり、その店が何屋かはっきりさせ、特定の客層だけに向かって、徹底的にアピールすることです。

つまり、「差別化」することです。

例えば、養老の瀧が展開している「一軒め酒場」。
ここは、徹底して低価格にこだわっていますね。

そのため、人件費のかかる焼きとりをメニューからはずし、コストのかかるおしぼり、割り箸の箸袋、メニュー表の商品写真、入り口の自動扉などもなくしました。

こうして、徹底してコストを削減しています。

そのかわり、とにかく、昼から安く飲める。客単価は2,000円以内で、原価率は36%程度だそうです。

経営コンサルタントの故一倉 定先生は、小さな市場で大きな占有率こそ、優良会社になる近道である、と述べられています。

以下、「一倉定の経営心得」より引用です。

「一般に、中小企業は大きすぎる市場を狙いすぎる。たくさんの会社が狙うために、当然のこととして過当競争になっていく。そして、その中で苦戦し、低業績に泣くことになるのである。

賢い社長は自らの規模に合った市場を狙う。そこには強敵は少なく、弱小会社を相手に有利な戦いを進められるのである。『小さな市場で大きな占有率』こそ、優良会社になる近道なのである。

大きすぎる市場の場合には、市場の細分化を行って、細分化した市場の中で必要な占有率を確保していくのである、占有率の高い、細分化された市場をひとつずつ増加していく。言い換えると、自らの手で対象市場を小さくし、その中で大きな占有率を確保する、ということなのである。」

以上、引用です。

居酒屋と言っても、各店とも、メニューや価格帯、ターゲットとする顧客層などが異なるため、ひとくくりにすることはできません。
いかに自店の業態を細分化し、有利に戦っていくか、そこに勝機があるように思います。

個人店こそ、徹底的にこだわった店作りをして、そして、成功してほしい、と思います。






投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2013年3月18日 月曜日

とりあえず、ほっとしました

やっと、確定申告期間が終わりました。
15日の夜ぎりぎりまで処理に追われましたが、とりあえず、ほっとしました。

とはいえ、土曜日からは、法人のお客さまからのご相談や決算もあり、なかなか休めません。

開業当時は休みがとれない日がくるとは思いもしませんでしたので、本当にありがたいことです。

そして、今年度も某調理師専門学校で店舗開業講座を行わせていただけることになりました。

1年かけて、将来開業したい店舗のコンセプト、立地、規模、メニュー、客単価などを考え、それを開業計画書に落とし込んでもらいます。
開業計画書のシートの一部には、私が以前、よく参加していたマネージメントゲームの要素を取り入れ、どうしたら利益が出るのか、割と簡単にシミュレーションできるようにしています。
生徒の中には、そのまま日本政策金融公庫に提出しても大丈夫そうな力作もあります。
また、当初は理解できなくても、下を向いて質問も何もしなかった生徒が、慣れてくるにしたがって、挙手して質問してくれるようにもなったりで、教えていて楽しいです。
学ぶ楽しさを少しでも感じてもらえていれば、これ以上のものはありません。


そういえば、先月、フジテレビの「間違いだらけの健康ジョーシキ」という番組のザ・たっちが出演しているコーナーに、知人の檀まゆみさんが出演しました。
1週間、摂取カロリーを消費カロリーの7割に制限し、長寿遺伝子を活性化させるという企画で、カロリー制限した弁当の監修をしていました。
要は、腹七分目に抑えると長寿遺伝子が活性化し老化要因が抑制されるということのようです。

私、じつは、確定申告期間中、忙しくて1日1食しかとれなかったため、期せずして腹七分目以下に抑えられましたので、少しは寿命が延びたかな???

それは、逆に不健康だ!というツッコミが。。。。

投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2013年2月27日 水曜日

ロボットの時代

ご無沙汰しております。
少々さぼってしまいましたが、久しぶりにブログを書きます。

昨日、知人のお誘いで木下晃伸さんのセミナーに参加しました。

4~5年前に、木下さんの「儲かる会社はこうして作れ!」(講談社)を購入し読んでいたため、お名前だけは知っておりましたが(誘われるまで忘れてましたが。。。)、失礼ながら、大活躍されているとはまったく知りませんでした。

今、そして、これから、世界で起こっていること、起こること、正直言って、私は全く知らず、自分の無知を思い知った次第です。

どれも無料でとれる情報だけに、自分自身、ここまでアンテナが低いと、仕事にならないかもなーと反省しております。

で、2013年はロボットの時代の幕開け、です。
IBM、グーグル、そして、それを背後で支えるアメリカ。
覇権国の底力は恐ろしい。

うかうかしてられないよな、日本は!!
もちろん、自分もだけど。。。




投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2012年10月26日 金曜日

幸せになる方法

鍵山秀三郎「一日一話」より

「傲慢(ごうまん)な人、横柄(おうへい)な人、横着な人が周囲の人々に迷惑をかけています。

共通点は、自分だけが贅沢(ぜいたく)をし、自分のわがままを押し通している点です。

人に迷惑をかけて、自分だけが幸せになることはありません。

幸せになるには、人の喜ぶことをすることです。
相手が喜んでいる姿を見て、わが喜びと受け止められるような人間になることです。」

以上、10月26日の一言です。

まずはお客さまに喜んでいただき、スタッフに喜んで働いていただき、皆が喜んでいる姿を見て幸せを感じられる経営者でありたいです。

投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2012年10月23日 火曜日

経営者の心構え

経営コンサルタントの第一人者 故一倉定先生は、中小企業は「ワンマン経営こそ本当」の姿だとおっしゃっています。

以下は「一倉定の経営心得」より抜粋です。

「ワンマン経営とは、社長が全てのことに権力をふるって勝手なことをすることではなくて、社長ただ一人が事業経営の全ての責任を負うことである。ワンマン経営のないところ、真の経営などあり得ないのである。」

「すぐれた決定は、多数の人々の意見から出るのではなくて、すぐれた経営者の頭から生まれるのだ。
ワンマン決定は権力の現れではない。責任の現れなのであり、決定の大原則である。
経営者は、すべての結果について全責任を負わなければならない。何がどうなっていようと、その責任をのがれることはできないのだ。全責任を負う者が決定するのが当然である。」

『「社長が知らないうちに起こったこと」でもすべて社長の責任なのだ。会社の中では、何がどうなっていようと、結果に対する責任はすべて社長がとらなければならないのだ。』

『人の上に立つものは、「部下が何をしようとそれはすべて自分の責任である」という態度がなければ、本当の意味で人を使うことはできないのである。部下の信頼を得ることができないからである。
社員というものは、社長を信頼することができない場合には働く意欲を失い、社長がいくら気合いをかけても決してこれに応えようとはしないのである。』

これから起業を目指す方には厳しい内容かもしれませんが、自分自身で決断して起業する以上、ある意味、当然のことを言っているようにも思います。
「電信柱が高いのも、郵便ポストが赤いのも社長の責任である」ことを肝に銘じて、成功を信じて行きましょう。

投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2012年10月 6日 土曜日

素人が開業して成功するには

お笑いコンビTKOの木下さんの長兄で、大阪などで鉄板鍋きのしたを展開する「株式会社きのした」代表取締役木下眞行氏のインタビュー動画を拝見しました。2年ほど前のものですが、面白いです。

↓こちらで見られます!
http://www.success-fighter.net/media/business/18_2.html

23歳のとき、父親の借金返済のため、何か商売をしなければ、と焼肉店を始めたそうです。
焼肉店を選んだのは、お客さんが焼いてくれるので店で調理する必要がなく、キムチは鶴橋で売ってるし、タレは親戚から作り方を教えてもらえるから、という理由だそうです。

まったくの素人だったため、開店3日前、肉屋さんから届いた肉がカットされてなく、ブロックだったことに驚いたそうです。
スーパーで売っている肉は全部カットされているため、まさかブロックでくるとは思わなかったとのこと。
肉の切り方がわからなくて、届けてくれた肉屋さんに切り方を教わって、なんとか開業できたそうです。

料理を出す順番もわからず、出来たものから出していたため、〆に生肉を出してしまったり、凍ったままのユッケを出してしまったりで、お客さんには怒りを通り越してあきれられたんだそうです。

そんな中で、他店との差別化をはかるため看板メニューである鉄板鍋を開発し、少しずつリピーターを増やして、今では年商20億にまで成長されています。

不況時の経営の考え方などなるほど、と思える話がありますし、話も面白いので、連休中のお時間のあるときに見てみてはいかがでしょうか?



投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2012年9月17日 月曜日

「個人と会社 税金のすべてがわかる本」'12~'13年版が発売されました

個人と会社 税金のすべてがわかる本

人生のライフステージごとに、どんな税金がかかるのか、節税方法は? など、従来の税金本にはない構成でわかりやすく書きました。
どうぞ、ご購読ください。私は、7章と9章を執筆しています。

投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2012年2月18日 土曜日

誕生日に想う

本当の自分を知り、本当の自分をつくれる人であって、初めて人を知ることができる、人をつくることができる。
国を知り、国をつくることもできる。世界を知り、世界をつくる事もできる。
(「安岡正篤1日1言」より)

ともすると人間は、難しくて大きなことをしなければ、成果が挙がらないように思いがちです。
そういう気持ちでいると、いつも難しくて大きなことばかり考えて、失敗したり続かなかったりして元へ戻ってしまうことが多いものです。
できそうにない大きなことばかり追いかけるよりも、小さなことを少しずつでも積み重ねていけば、とてつもなく大きな力になります。
(「鍵山秀三郎1日1話」より)

本当の自分とは。。。
改めて考えると、今一つわかりませんね。
少なくとも、他の人の前ではいい人ぶっているので、本当の自分ではないし、家では1人でいるので、本当も何もないような気がします。
何に対して本当なのか、難しい問題ですな!

普段、仕事に追われて思索することがないので、誕生日にこういうことを考えるのも、悪くないですね。
仕事に関しては、小さなことからこつこつと、積み上げていこうと思います。

後厄も終わったので、これから、アゲて行きますよ!!

投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2012年1月 3日 火曜日

明けましておめでとうございます

本年もよろしくお願いいたします。

昨日テレビで、幕末の志士、山田顕義物語を見たのですが、その中で、吉田松陰が市之允(山田顕義の幼名)に贈った詩が、まさに新年を迎えるに当たってふさわしい言葉だと思いましたので、ここに記させていただきます。


立志尚特異  立志は特異を尚(たっと)ぶ

俗流與議難  俗流はともに議(ぎ)し難(がた)し 

不思身後業  身後(しんご)の業(ごう)を思はず

且偸目前安  且(か)つ 目前(もくぜん)の安きを偸(ぬす)む

百年一瞬耳  百年は一瞬のみ

君子勿素餐  君子 素餐(そさん)することなかれ 

(意 味)
志を立てるためには人と異なることを恐れてはならない
世俗の意見に惑わされてもいけない
死んだ後の業苦を思い煩うな
また、目先の安楽は一時しのぎと知れ
百年の時は一瞬にすぎない
君たちはどうかいたずらに時を過ごすことのないように


そして、元日の富士山です↓



実家近くで毎年撮影していますが、今年はきれいに撮れました。

投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2011年12月23日 金曜日

借入で必要な事業計画書の作り方 要員計画&標準労働時間計画編 その2

人件費計画は、前回の計画を作り上げてから行います。

人件費に含まれるものは、社員の給与、法定福利費(健康保険料、厚生年金保険
料、雇用保険料などを言い、社会保険に加入しない場合は必要がありません)、
賞与引当金(賞与の積み立て)、諸手当(家族手当、皆勤手当など)があります。
アルバイトやパートの人件費には、時間給(一時間あたりの賃金)、法定福利費
(社員と同等の内容)、諸手当があります。

では、社員給与体系を決定しましょう。

社員月給は、大きく大別すると二種類の方法があります。

1. 月給とボーナス制
 ・基本給(=労働基準局で定められている賃金以上を設定)の設定は、新聞や
  フリーペーパーの求人雑誌を参照し、相場をつかむ。
 
 

 ・能力給や手当の設置
   役職手当(店長、料理長など)、家族手当、精勤手当など。
 

 ・ボーナスは、基本給×月分の計算になります。飲食店の場合は往々にして
  夏冬1ヶ月づつですが、チェーンなどの飲食企業の場合は自社の給与規定
  に基づきます。
  また、ボーナスでなく寸志という形でだされている場合もあります。この場合
  はオーナーの気持ちをお金で表す場合に用いられます。

 ・賞与引当金は、ボーナスを12ヶ月で割って積み立てる方式です。

2. 年俸制
 ・基本給(=労働基準局で定められてる賃金以上を設定)の設定は、新聞や
  フリーペーパーの求人雑誌を参照し、相場をつかむ。
 

 ・能力給や手当の設置
   役職手当(店長、料理長など)、家族手当、精勤手当など。
 

 ・年間契約となり、賞与も月給の中に含みます。このため、毎月賞与引当金を
  計上するより、年俸制のほうが管理しやすいということで、現在では年俸制も
  多くなってきています。

 上記の2種類の方法を使い、年間の給与、月間給与を算出します。


次に、アルバイト&パートの給与は、

・基本時給(=労働基準局で定められてる1時間当りの賃金以上を設定)の設定
 は、新聞やフリーペーパーの求人雑誌を参照し、相場をつかむ。

・アルバイトとパートの人件費は、基本時給で計算します。従って、前回のその1
 で算出した一日のアルバイトとパートの総労働時間を計算し、決定した基本時給
 を計算(パートとアルバイトの総労働時間×基本時給=1日当りの人件費)しま
 す。

・月間人件費、年間人件費を算出します。

ここ迄算出した後、社員の給与、アルバイトとパートの給与のそれぞれを月間、
年間で算出した合計額を出しておきます。

次に、売上高予想で算出した月間、年間の売上高から人件費率(年間あるいは
月間の社員、アルバイトとパートの人件費合計÷年間あるいは月間の売上高)を
算出し、適正であるかどうかを検証します。
目安としては原価率と人件費率を足したものをFLコストといいますが、この数値が
60%以下になるように人件費をコントロールする必要があります。

次回は、損益計算書(利益計画、損益計画)の作成 その1 です。

投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2011年12月15日 木曜日

借入で必要な事業計画書の作り方≪要員計画&標準労働時間計画編 その1≫

要員計画とは、効率的・効果的に店舗を運営するためには、社員やアルバイトなどスタッフの人員がどれくらい必要かを割り出す計画をいいます。
標準労働時間計画とは、一日のスタッフの総労働時間を割り出し、人時接客指数と人時売上高を算出して、人件費のコントロールを行うための指標を作成することをいいます。

では、はじめに要員計画を立案してみましょう。

1)客席数から割り出す人員数の目安(レストランの場合)は、
  

  総客数÷4名=平均テーブル数
  平均テーブル数÷4卓=満席時のホールスタッフ数

  例)50÷4名=12.5テーブル 12.5テーブル÷4卓=3.1人 

    答えはホールスタッフ3名

2)ドリンクパントリー(ドリンクを作成する場所)1名、レジ1名を設定し、合計2名

3)調理場のキッチンスタッフは、一般レストランで、冷製(前菜、サラダ)を作る
 スタッフ1名、ストーブ前1名、補助及び仕込みスタッフ1名、洗い場1名の合計
 4名

4)スタッフ人員は、ピーク時間で合計9名

5)社員数は、営業時間によって異なりますが、例えば、営業時間が11時から23時
  の場合、最低ホール2名、調理2名の合計4名とし、上記1~4のスタッフの中に
  店長を除く、3名を入れます。

  基本的に店長の職務は、アルバイトと同じようにスタッフとして働くのではなく、
  お店全体を管理することが仕事となるため、接客サービスや調理に携わるので
  はなく、あくまで、お店全体がスムーズに営業できるように指示を出すことが仕
  事となります。

  どうしてもお店の作業に入るのであれば、レジで仕事を行い、入口でお客様を
  案内したり、レジにいてお客様が帰られたら、下げものの指示を出したりと、
  お店全体の指示を出すことができるようにします。

6)一時間毎の人数の割り出しをポジション毎(上記職種別)に割り振りを行い、
 ピークの時間帯に9人になるように設定します。アルバイトとパート1名の1日の
 労働時間は最低3時間、最高5時間で考えます。これを標準シフトといいます。

7)標準シフトができたら、社員を含めた総労働時間数(すべてのスタッフが働い
 ている時間の合計)を算出します。

8)人時売上高(スタッフ1人当りの稼ぎ高)を算出することで、人件費率を割り出し
 て、適正であるかを判断します。
 

 
 人時売上高の算出方法は、
 

 1日の平均売上高÷総労働時間。

 次に、社員の給料を時間給に直します。計算式は、

 社員時給=月給÷(労働時間×勤務日数)

 最後に、人件費率を割り出します。

 人件費率=平均時給÷人時売上高

 例)1日平均の売上高50万円÷総労働時間数120時間=人時売上高4,166円

   平均時給1,000円÷人時売上高4,166円=人件費率24%

9)人件費率の目安は、ほとんどの業種業態のお店で30%以下になるように設定し
 ます。

注意) 標準シフトは飲食店で働いた経験則がかなり必要となります。飲食店に
    従事していない方は、自分がやりたいお店に近い業種業態を選び、飲食店
    でアルバイトして経験則を高めることも必要です。

次回は、要員計画&標準労働時間計画編 その2です。

投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2011年12月12日 月曜日

富士山

今朝、天気が良かったので、自宅のベランダに出て外を眺めていたら、

富士山の画像


























富士山が見えました。かろうじて。。。
矢印の先です。

ちょっと寒かったですが、朝からいい気分でした。


投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2011年12月 7日 水曜日

借入で必要な事業計画書の作り方 《売上高予測-2》

前回の補足になりますが、総客席数についてお話をしたいと思います。

総客席数とは、物件が決定した段階で、その物件の平面図(平面図=店舗を
上から見た店舗レイアウトのことを言います)を設計士や内装業者に依頼して
作ってもらったものの客席の数をいいます。

ただし、平面図を作成していない状態で事業計画書をとりあえず算出してみた
い方は、業態によって異なります。

下記の計算式と例を参照ください。

計算式は、席数=面積×目安の倍数


 ・居酒屋の目安 : 面積×1.5席(店舗面積40坪×1.5=想定60席)
 ・レストランの目安 : 面積×1.2(店舗面積40坪×1.2=想定48席)
 ・喫茶店やファーストフードの目安 : 面積×2(店舗面積40坪×2=想定80席)
 ・高級専門店の目安 : 面積×1(店舗面積40坪×1=想定40席)

では早速、前回の続きをご説明致します。

1時間当りの売上予想額が算出できましたら、次は曜日ごとの売上予測額を算出
します。前回の連載を復習して、今回につながるようにしましょう。
曜日ごとの売上予想額、月間売上予想額、年間売上予想額を算出してみましょう。

手順は次の通りです。

 1. 前回紹介した公式を使い、1時間当りの売上予想額をすべて算出します。
   例) 1時間当りの売上予想額=20,000円

 2. 1時間当りの売上予想額を1曜日毎に合計していきます。月曜日~日曜日
   (定休日を除く)の曜日毎の売上予想額を算出します。
  
 

  例)営業時間8時間×1時間当りの売上予想額20,000円
                         =1曜日の売上予想額 160,000円

 3. 1日の平均売上予想額の算出方法は、曜日毎の売上予想額を1週間分合算
    して、その合計を7日間で割り、1日の平均売上予想額を算出します。
 

   1日の平均売上予想額=曜日別売上予想額の1週間の合計÷7日間
   例) 160,000円×7日=1週間の売上合計予測額1,120,000円
      1週間の売上合計予測額1,120,000円÷7日間
                        =1日の平均売上予想額160,000円
 

 4. 月間売上予想額は、3.の1日の平均売上予想額を30日で加算したものとなり
   ます。

   月間売上予想額=1日の平均売上予想額×30日
   例)1日の平均売上予想額160,000円×30日=月間売上予想額4,800,000円

 5. 年間売上予想額は、4.の月間売上予想額に12ヶ月を加算したものです。
   年間売上予想額=月間売上予想額×12ヶ月
   例)月間売上予想額4,800,000円×12ヶ月57,600,000円

売上予測額は、最低でも目安として家賃の10倍以上の売上になっているかを確認
します。
当然ですが、マーケティング調査を実施し、もし、家賃の10倍以上の売上予想額に
ならないと判断した場合は、事業計画自体が無理ということになり、その場所での
出店は見合わせることにするか、あるいは、業態そのものを変更するか、という選
択肢となります。

次回は要員計画と標準労働時間計画 その1です

投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2011年12月 4日 日曜日

セミナー終了しました

昨日開催しましたセミナーですが、たいへん多くの方にご出席いただきました。
ありがとうございました。

午前中は雨でしたので、心配しましたが、午後にはすっかり晴れ、「晴れ男」の面目躍如でした。

当日の模様です。
セミナー画像

今後は、起業、経営計画、雇用問題等のセミナーを定期的に開催したいと考えておりますので、ぜひ、ご参加ください。

投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2011年12月 3日 土曜日

師走

早くも12月になりました。

あっという間ですね。
今日は、1日肌寒く、普段、自転車で移動している私には、結構堪える日でした。

こういう日は、鍋をつつきながら熱燗で1杯やりたいところですが、仕事がたまっているので、我慢です。

明日(というより今日!)はセミナー開催日です。
天気予報によると雨のようですが、来場される方に申し訳ないので、なんとか、曇りぐらいになってもらえないかなcloud

投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2011年11月30日 水曜日

人をつくる仕事

今月は、「税を考える週間」があり、税理士会の役員をしている関係で、数多くの行事に参加しました。

自分の仕事の時間をねん出するのに苦労しましたが、無料相談等で多くの方に喜んでいただけたのではないかな、と密かに思っています。


松下幸之助氏の「一日一話」(PHP研究所)の、今日の言葉です。

「精神大国をめざして

今日、わが国は経済大国と言われるまでになりましたが、人びとの心の面、精神面を高めるということについては、とかくなおざりにされがちだったように思います。
これからは経済面の充実にあわせて、お互い国民の道義道徳心、良識を高め、明るく生き生きと日々の仕事に励みつつ、自他ともに生かしあう共同生活をつくりあげていく。あわせて日本だけでなく海外の人びと、ひいては人類相互のための奉仕、貢献ができる豊かな精神に根ざした国家国民の姿を築きあげていく。
そのような精神大国、道徳大国とでも呼べる方向をめざして進むことが、今日、国内的にも対外的にも、きわめて肝要ではないかと思うのです。」

松下幸之助氏は、松下電器は人をつくる会社だ、とおっしゃっていましたが、学生や若いスタッフを数多く抱える飲食店こそ、将来の日本、あるいは世界を支える人をつくる会社だと思います。

店長、オーナーは、そういう気概を持って、日々仕事に取り組んでいただきたいと思います。
すばらしい仕事ですよ、飲食業は!


投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2011年11月28日 月曜日

肉を食べてダイエット

肉を食べてダイエットできるの~???

なんて思いますが、銀座のイタリアンレスラン「グルメドクターイタリアン」では、1日限定10食で、「肉食ダイエットランチ」を提供しているそうです。
http://www.gourmet-doctor.com/

この"肉食ダイエットランチ"には、3つのポイントがあります。

①低カロリー,低脂肪,低コレステロールであり、たんぱく質,鉄分,ビタミンB,亜鉛が豊富な"グラスフェッドビーフ"を使用していること

②安心・安全な、放射線フリー、産地指定のオーガニック野菜を使用していること

③唯一、努力して摂取すべき脂質、"オメガ3脂肪酸"を加えたドレッシングを使用していること


なぜ、しっかりとお肉を食べてダイエットになるのか・・・

それは、ダイエットは、"インスリンコントロール"が一番重要であるという考え方からきています。

インスリンは、主に炭水化物の代謝を調整するもので、インスリンが出ている間は、脂肪は燃えるどころか作られてしまうそうです。(脂質をエネルギーに変えるよりも糖質をエネルギーに変える方が体も楽なので、糖質がなくならない限り、脂肪は燃えていかないそうです。)

なので、炭水化物,糖質を制限することにより、脂肪がエネルギーに変わる状態にする必要があります。

<ちなみに、よく、人工甘味料を添加したダイエットソーダなどありますが・・・甘く感じただけでも、インスリンは分泌されてしまうので、ダイエットソーダを飲用していても、メダボになる可能性があるそうです(>-<)>

極力炭水化物,糖質の摂取を控え、良質のたんぱく質を豊富に摂ることが出来るメニューとなっているからいいんですね♪

特にグラスフェッドビーフは、あまり火を通さなくても美味しく食べられるお肉なので、脂が少なくても柔らかく、ジューシー。

ドライエイジングと言って、2~3週間低温で寝かせて、肉自体が持つ酵素によって熟成させ、風味を向上させているそうです。



このランチメニューの他にも、ヘルシーメニューを多数提供しています。
まだまだメニューも進化を続けているそうです!!

寄稿
フードコーディネーター 檀まゆみ

投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2011年11月27日 日曜日

浅草にて

先日、浅草のお客様を訪問する途中、天気が良かったので、

東京スカイツリー画像


携帯をスマホに変えたので、東京スカイツリーがきれいに撮れました。

こちらのお店もよろしくお願いします。

もんじゃ、お好み焼き 浅草「かっぱ祭り」
http://www.asakusa-monjayaki.com/monja/shop/kappamaturi/

一軒家を改装した、レトロな雰囲気のもんじゃ、お好み焼き屋さんです。





投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2011年11月27日 日曜日

借入で必要な事業計画書の作り方 《売上高予測-1》

売上高予想は、やりたいお店の業種業態を考えながら算出することが大切です。算出方法は下記の通りです。

【1】考え方として、ベースになる売上高は1週間を基準に1ヶ月、1年と算出。
  次に、営業時間を決定し、曜日ごとに一時間単位で売上を予測します。

【2】売上の算出根拠は 

1.通常の飲食店の場合、1時間当りの売上予想額の計算式は、
  イ)客数=総客席数×回転率×満席率
  ロ)1時間当りの売上予想額=客数×客単価

 (1)総客数=お店全体の席数

 (2)回転率=1時間当りに客席が何回転ぐらいするのかを予想。

   居酒屋は滞在時間を考え、最低2時間は居ると想定すると1時間で
   1回転は困難なため、2時間で満席になるかどうかを予想する。

   例えば、
   50席のお店であれば、18時から19時は0.5回転とするとお店の客数は
   25名を集客することになり、19時から20時では残りの0.5回転が最高で
   25人となります。従って20時から21時は18時から19時に入ったお客
   様が何人帰られるかによって、お店にあとどれくらいの人が入るのかを
   想定するのです。
  

   レストランの場合は
   滞留時間(来店してから帰られる迄の時間)を1時間とした場合、最高に
   お客様が入っても1回転しかしません。
 

   うどん屋は滞留時間を30分とすると最大で2回転はするという計算になり
   ます。
     
 
 

 (3)満席率=椅子の稼動率を指します。

   例えば4名がけばかりのテーブル席があるお店で、カップルばかりが入る
   お店は稼働率が悪く回転率は50%に近づきます。なぜかと言うと、4名が
   けのテーブルに2名しか座らないと言うことは、4名がけを100とした場合、
   2名分の50%しか満席になっていないからです。
   従って、この回転率を上げるにはカウンター席や2名がけを多く作り、様々
   な人数に対応できる客席を作らなければなりません。
   
   

   飲食店の中で一番回転率が悪いとされている業態は、焼肉屋です。
   焼肉屋は無煙ロースターという機械を導入するお店が多いため、投資コスト
   も高くなり、予算がなければ、6名がけで焼くところ(ロースター)が1機だけ。
   テーブルもロースターがあるので固定式となり、可動式が多いカフェや
   レストランと比較すると満席率はかなり悪い状態になります。
   ですから、できるだけ予算をかけてロースターの台数とカウンターや4名がけ
   を多く設置することをお薦めします。

 (4)客数とは一時間当りに入るお客様の数

 (5)客単価=お客様一人当たりの単価を言います。
 
  
 
 

   一人のお客様が平均でいくらぐらい使うかを想定します。
   例えばファミリーレストランであれば、昼は900円、アイドルタイムは400円
   ディナーは1,200円~1,500円というように設定するのです。

2.弁当やファーストフードなどテイクアウトがあるお店についての売上げ予測
  イ)1時間当り1台のレジで何名さばけるかを考えます。
    例えば、ファーストフードのように注文してから提供までの時間が3分とした
    場合
  
    60分÷3分=20人 となります。
    従って1時間当り最大でも1台のレジで20人をさばくことになります。
  
 

  ロ)1台のレジで1時間20人×レジ回転率=客数
    客数×レジ単価=1時間当りの売上予測  となります。

 (1)レジ回転数とは20名を100%とした場合、1時間で何名さばけるかを想定しま
   す。
 

 (2)レジ単価とは、お客様1人の単価=客単価と同じですが、弁当やファースト
   フードのテイクアウトのお客様を考慮し、1名という概念でなく、1組という考え
   方で単価を想定します。
   (テイクアウトは1人で3個の弁当を購入することもあるからです)


次回は、売上高予測-2です。
   

投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2011年11月19日 土曜日

税務署が狙う4つの不正

ここ最近の税務署の法人税調査のターゲットとして、「4つの不正」行為が挙げられています。

それは、

1.無申告
2.海外取引
3.赤字偽装
4.消費税の不正還付

です。

無申告法人については、昨年度から重点的に調査が行われており、平成22事務年度(22年7月~23年6月)は、法人税102億円、消費税55億円が追徴課税されたそうです。

かつては、本店を移転することで課税を逃れられる、などと言われていましたが、私のお客様で、移転した翌年に調査が入ったケースがありましたので、今は、そんなことないですね。

仕入などについても、同業他社との比較などにより異常に多額に計上されていたりすると、調査対象になります。

節税と脱税は異なります。

脱税は従業員の士気にも影響し、会社の本来の収益力(儲ける力)がわからなくなってしまいます。
会社の成長のためにも、従業員の幸福のためにも、脱税ではなく、節税を心掛けたいものです。

(納税通信2011年11月21日号を参考にさせていただきました)




投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2011年11月17日 木曜日

クロワッサンは何故月の形をしているのか

クロワッサンはオーストリアが発祥である...という説があるそうです。


昔、オーストリアがトルコに侵略されようとしていました。


城壁の下を掘ろうとしたトルコの活動の物音を、朝早くからパンを作っていたパン職人が聞きつけて、


何とか侵略を防ぎ、オーストリアを救ったそうです。


その際、トルコ国旗にある三日月>をかたどったパンを作り、「トルコを食べる」という意味を込めて、そのパンを食べた...


というお話があるそうです。



可愛らしい形をしていますけど...歴史的には、結構凄い理由があったんですね


ご存じでしたか...? 


寄稿
フードコーディネーター 檀まゆみ

投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2011年11月16日 水曜日

借入で必要な事業計画書の作り方  減価償却編

建物、建物附属設備、機械装置、器具備品、車両運搬具などの資産(減価償却資産といいます)は時の経過等によってその価値が減っていきます。

この減価償却資産の取得に要した金額は、取得した時に全額必要経費になるのではなく、 その資産の使用可能期間の全期間にわたり分割して必要経費としていきます。この使用可能期間に当たるものとして、法定耐用年数が法令で定められています。
つまり、減価償却とは、減価償却資産の取得に要した金額を、一定の方法によって、各年分の必要経費として配分していく手続をいい、この必要経費のことを減価償却費といいます。

もう少しわかりやすく言うと、こういうことです。 
200万円で仕入れ等に使う車を購入するとします。この200万円を、全額購入した年の経費で処理した場合、その年の利益は200万円減ってしまいます(場合によっては赤字になります)。購入した年に全額経費にしてしまうのですから、翌年以降は、前々年の車がなかったときと同じ損益の状態になります。これでは、正しい業績を表しているとはいえません。車というものは、購入した年の翌年以降も使い続けるものですから、使う期間で按分して経費化していく方が合理的です。

減価償却費の算出方法には、定額法と定率法の2つがあります。ただし、原則として、建物には定額法しか適用できません。また、建物附属設備(給排水、ガス設備等)以外の内部造作にも、定額法しか適用できません。
個人事業の場合は、定額法が原則ですので、定率法を適用したい場合は、翌年3月15日までに税務署へ届け出なければなりません。

下記の計算式をご覧いただくとわかりますが、定額法は毎年均等額を償却費として計上します。一方、定率法は最初の年の償却費が一番大きく、翌年以降徐々に少なくなっていきますので、定率法の方が、早く資金回収を図ることができます。


<定額法の計算式>
 減価償却費=取得額×定額法の償却率
 

<定率法の計算式>
(1)減価償却費が一定の計算式によって計算した償却保証額を上回る事業年度までは
 減価償却費=未償却残高(取得価額―償却費の累計額)×定率法の償却率 

(2)減価償却費が償却保証額を下回った事業年度以後
減価償却費=改定取得価額(下回った最初の事業年度の期首帳簿価額)×改定償却率

どちらも最後に1円だけ帳簿に残します(備忘価額といいます)。
なお、定率法の計算式は少々複雑ですので、専門家にご相談されると良いでしょう。

東京などの主要都市にある繁華街で出店するお店は、減価償却年数や借入期間をできるだけ短期に設定しています。
この理由としては、主要都市の繁華街は繁盛期が短い恐れがあるため、できるだけ早く減価償却を済ませて、資金回収を早期に行い、その資金を繁盛期が終わった段階でリニューアル資金に振り向けたり、2号店を出店する資金に当てて、企業規模を拡大するといった戦略をとっています(税務申告は、法定耐用年数によって計算する必要があります)。

例えば今流行の居抜き店舗を上手く活用して、お店を繁盛させると、投資額が安いため借入金を早期に返済でき、なおかつ、減価償却年数も比較的短期間というメリットもあり、効率的に稼げる事業となるのです。是非一度検討してみてはいかがでしょうか?

次回は売上高予測です。


年1回の決算申告のみもおまかせください!
詳しくはこちら→http://www.sugitax.net

投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2011年11月13日 日曜日

借入で必要な事業計画書の作り方  返済計画編

返済計画とは、借り入れた金額を何年で返済するのか―毎年の返済額や金利、そして、返済年数(何年で借入金を完済できるか)の計画を立てることです。

計画を立案する手順は下記の通りです。
(1)金融機関が決定したら、返済年数、金利などの返済方法を確認します。

(2)返済方法は

(イ)元利均等返済方式が一般的です。また、初年度から返済する方法と一年据え置きの方法があります。
初年度から返済するメリットは返済が早期にできることです。
一年据え置きとは、借入金の総額の金利だけを一年払い、二年度から元金(借りた金額)と金利を支払って行く方法です。この方法のメリットは、初年度に運営資金を蓄えることができます。二年後以降のキャッシュフロー(税引後利益と減価償却費をプラスした金額。企業としての収益になる)が楽になり、利益を安定的に出しやすくなります。


(ロ)返済年数の決定
返済年数は返済年数の限度まで借り手が選ぶことができます。
短期返済を選ぶ業態は、ダイニング、洋食レストランなどの洋食系の業態で、繁盛期が短いお店に適しています。早期に返済してその時代に合わせてリニューアルや新規店舗開業を行なうことができます。
逆に長期の場合は、和食や高級専門店などはやりすたりの少ない業態が適しています。

(ハ)返済計画の計算方法
・毎年の元金返済額=借入金総額÷返済年数
※元金とは借り入れた金額のこと

・借入残額=初年度は借入金総額を記載し、二年度から借入金総額-毎年の元金返済額

毎年返済するごとに返済額が減って行くことになります。

・毎年の支払利息=借入残額×利率
※借入金残額に対する利息 

・返済額計=毎年の元金返済+毎年の支払い金利

●以上の説明では分かりにくい方は、下記の例題をご参考にしてください。

(1)資金調達
・総投資額:3000万円 
内訳(工事費:1500万円/物件取得費:500万円/開業費:500万円)

・自己資金:1,000万円

・借入総額:2,000万円

・借入先 :日本政策金融公庫

・借入条件:金利=年利2% 返済年数=5年 返済方式=元利均等返済 
 

(2)返済計画
・毎年の元金返済額= 2,000万円÷5年=400万円

・借入残額=
初年度:借入総額2,000万円-毎年の元金返済額400万円=1,600万円
2年度:初年度借入残額1,600万円-毎年の元金返済額400万円=1,200万円
3年度:2年借入残額1,200万円-毎年の元金返済額400万円=800万円
4年度:3年借入残額800万円-毎年の元金返済額400万円=400万円
5年度:4年借入残額400万円-毎年の元金返済額400万円=0万円

・毎年の支払い利息=
初年度:借入総額2,000万円×金利2%=40万円
2年度:初年度借入残額1,600万円×金利2%=32万円
3年度:2年借入残額1,200万円×金利2%=24万円万円
4年度:3年借入残額800万円×金利2%=16万円
5年度:4年借入残額400万円×金利2%=8万円
    

・返済額計=
初年度:毎年の返済額400万円+毎年の支払利息40万円=440万円
2年度:毎年の返済額400万円+毎年の支払利息32万円=432万円
3年度:毎年の返済額400万円+毎年の支払利息24万円=424万円
4年度:毎年の返済額400万円+毎年の支払利息16万円=416万円
5年度:毎年の返済額400万円+毎年の支払利息8万円=408万円

以上が資金計画と返済計画です。

次回は減価償却費です。

>>年1回の決算申告業務のみのご依頼はこちらへどうぞ

投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2011年11月11日 金曜日

借入で必要な事業計画書の作り方  初期投資額の算出方法

 
今回から、数回に渡り、事業計画書作成のしかたについて、基本的なことを書いていきます。

事業計画書とは、これから借入を行なう金融機関に対して、借入を行う事業の数値的な根拠を説明し、返済をどのように行なっていくのかを説明する大切な資料のことを言います。

日本政策金融公庫などから創業資金を借り入れる際には、面接時に事業計画書を見せながら説明し、これに対する質疑にもしっかりと回答できる必要があります。

計画作成は、下記の手順で行います。

1.総投資額を算出する(税込み金額で)。
工事費は店舗工事概算見積書と同額の金額であることを確認すること

2.自己資金を決定する。自分が現金で用意できる金額

3.借入金額を決定する
算出式: 総投資額-自己資金=借入額

4.借入先を選定する。
日本政策金融公庫や銀行、農協、信用金庫などの金融機関を選び、借入金の限度額、金利、返済方法、自己資金額などの借入条件、借入先、申請手順について確認します。
  

【投資額の算出方法】
まず始めに今回の事業における総投資額を算出することから始めます。まず、投資額は工事費、物件取得費、開業費に区分されます。

(1)工事費とは
 

イ)建築工事費
建物をつくるための工事費用を指します。内装工事費や内装の設備工事費、厨房設備費などは含みません。

ロ)開発諸経費
建物を立てるためにかかる役所への申請費用です。例えば、建築許認可申請費用や地区地域の変更申請費用など。

ハ)内装工事費
壁、床、天井、ドアなどの建具、椅子やテーブル、照明器具、音響機器などの工事費のことを指します。
予算では坪単価×店舗面積で算定しますが、最低1坪当り45万円以上はかかります。ある程度デザイン性を重視したダイニングバーは、坪当り80万円ぐらいは想定しておく必要があります。

二)設備工事費
空調設備 : 冷暖房機器の設置費用と機器
吸排気設備  : 新鮮な空気を外部から取り込み汚い空気を外部に排出する設備機器と設置費用
給排水設備工事 : 厨房内の排水と給水の工事費
ガス工事 : 店内にガスを配管する工事
電気工事 : 分電盤やコンセント、電気の配線などの工事
給排水工事  : 店内に水を給水する設備と排水する設備の工事
弱電工事 : 電話線の配線やスピーカーの配線工事

などがあります。業態によりコストはかなり異なります。
通常のレストランは坪当たり15万円で計算すると良いでしょう。
焼肉店や鍋物店などはかなりコストが高いと思ってください。

ホ)厨房設備工事
厨房機器とその設置工事を指します。
店舗規模によって異なりますが、新品の機器の場合、20坪のレストランで400万円前後です。

以上のような工事費の金額が自分では分からない場合は、内装設備工事を行なっている業者や設計事務所に概算の金額を教えてもらいましょう。

工事費用の参考例としては、皆さんがご存知のスターバックスコーヒーの場合、内装設備工事で坪当たり約120万円と厨房設備工事が1,000万円と言われています。

(2)物件取得費とは
物件を借りるときに必要なコストを指します。保証金、敷金、礼金、造作譲渡費用です。
これは物件を借りたときの契約書をもとに作成します。

(3)開業費とは
開業費は一般的に上記の工事費に含まれないものをいいます。

イ)食器備品購入費
食器を購入するために必要な金額です。目安としては洋食店で1席当り1.5万円~2万円、和食店で1坪当り3万円以上です。

ロ)什器備品費
厨房で使用する鍋や釜、包丁などですが、目安としては20坪のレストランで約80~100万円です。

ハ)ホール備品費
しょうゆ差し、シュガーポット、お盆などホ-ルで使用する備品を言います。これは1テーブル当り1万円ぐらいに設定すると良いでしょう。

ニ)メニュー制作費
メニューやテーブルポップの印刷代。自分でコンピュ-ターを使用して印刷する場合は、20坪ぐらいのお店で約20万円。
大手ファミリーレストランのような写真入りであれば100万円(料理の撮影代含む)。

ホ)販売促進費
これは、オープンキャンペーンにかかるコストです。例えば、チラシ作成代、新聞折り込み代、街頭配布のチラシ代、サービスチケットなどです。予算は出店立地によって異なります。

ヘ)レジ購入費
大半の飲食店で使用されているレジは、ポスレジというものですが、これは30万円前後で購入できます。

ト)ユニフォーム代
従業員の人数×2セット×ユニフォーム単価です。業務用のユニフォームであれば1セット2万円前後、耐久性を考えずコスト重視であれば、ユニクロなどを使用すると安くなります。

チ)開店前人件費
開店前に従業員を雇用して教育を実施するときの給料や時給。

リ)運転資金
店を運営して行くための予備費。釣り銭や小口現金、食材費なども含まれます。

ヌ)前家賃
開業するまでに発生する家賃。

ル)設計料やコンサルタント料
設計事務所、コンサルタント会社に見積を依頼する費用。

ヲ)装飾品購入費
絵や花瓶など店内に飾る装飾品の購入費用。

ワ)消耗品費
トイレットペーパー、文房具用品、掃除道具などの備品類の購入です。

※上記の費用を算出する場合、必ず消費税が含まれた金額を算出してください。

次回は、返済計画です。

投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2011年11月 6日 日曜日

自分の現在地を確認する

私は、安岡正篤先生の「一日一言」、松下幸之助先生の「一日一話」、そして、鍵山秀三郎先生の「一日一話」の3冊を常に机の脇において、思い出すと読むようにしています。

ちなみに、本日は、安岡先生は「立命の学」、松下先生は「部下のために死ぬ」、鍵山先生は「感謝は率直に」です。

お店を経営すると、時間に追われ自分を見つめなおす暇がなくなり、つい、日々の業務に流されてしまいがちです。
それに、社長になると、周りに注意してくれる人もいなくなります。

メンターといった人がいればいいのでしょうが、なかなかそういう人にめぐり会える機会もありませんので、、私の場合は、先哲の著書や、上に掲げた本を見返しては、今日の自分はどうなのか、と自問自答し、自分の現在地を確認するようにしています。

お客様やスタッフの力によって、自分は仕事ができているんだ、と気づけます。

投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2011年10月27日 木曜日

労働時間管理にご注意

これから、忘年会の予約受付が始まりますが、スタッフが電話対応のため休憩時間を取れなかったりすることがありますね。

労働時間の管理が適切になされないと、残業代の不払いなどの問題が生じます。最近、こういうトラブルが増えており、労働基準監督署の指導を受けるケースもよく聞きますますので、気を付けたいところです。

以下に注意すべきポイントを掲げますので、参考にしてください。

1.所定のユニフォームへの着替え時間
 
 
ユニフォームへの着替えは、仕事に取り掛かかるための準備なので、始業時間前に済ませますね。
これで良いように思いますが、裁判所の判断は、着替え時間は労働時間とされていますので、注意が必要です。
  

2.休憩時間中の電話番
  
これも労働時間に該当します。他のスタッフと交代で電話番をするようにして休憩時間を確保できるようにしてください。

3.始業・終業時刻を確認する
タイムカードを使っているお店が多いと思いますが、タームカード=労働時間とは限りませんので、必ず、実際の始業時刻と終業時刻を確認するようにしてください。

投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2011年10月10日 月曜日

人に嫌われぬための五箇条

久々の日記、と言っても、こちらではまだ、2度目ですね。

先週は、名古屋出張にからめて伊勢神宮を参拝してきました。

2年振りの訪問でした。

名古屋から近鉄特急で伊勢まで行き、外宮を参拝。

そして、バスで内宮へ移動し、参拝しました。

先に外宮を参拝するのが習わしのようですが、それはおそらく、内宮には「おかげ横丁」という、おみやげ物屋や飲食店街があるため、休憩したり食事するのに便利ということもあって、この順序になったのかもしれません。もちろん、お店にとってもいいですしね。

いつもは、参拝後、赤福本店でお茶と赤福をいただくのですが、今回は混んでいたので、その隣の五十鈴川茶屋で抹茶と和菓子をいただきました。
空いているうえに、雰囲気も良かったです!

それから、松坂に移動し、松坂牛を堪能してきました。
おいしかったです。

帰りは名古屋で、「あつた蓬莱軒」の「ひつまぶし」をテイクアウトし、駅弁替わりに食べながら帰ってきました。

もちろん、前夜は「風来坊」で手羽先をいただき、朝はコメダ珈琲店でモーニングを食べるという、まさに、名古屋グルメを堪能させていただいた出張でした。

ところで、ブログのタイトルの話ですが、「安岡正篤の一日一言」に下記の五箇条が載っていました。

人に嫌われぬための五箇条

一.初対面に無心で接すること
一.批評癖を直し、悪口屋にならぬこと
一.努めて、人の美点・良所を見ること
一.世の中に隠れて案外善いことが行われているのに平生注意すること
一.好悪問わず、人に誠を尽くすこと

パナソニック創業者の故松下幸之助氏は、「松下電器は人をつくることで、あわせて電気製品をつくっている」とおっしゃっていたそうですが、この五箇条は、人を育てるという際にも、とても大切な教訓ではないかと思います。

伊勢神宮の話から急に飛躍した、と思われるかもしれませんね。
でも、私の中ではつながっています。

個人的な損得や好き嫌いという小さな欲は捨てて、人を育て人に尽くし、お店を繁盛させ皆で成功し皆を幸福にしよう、という大きな欲を持ってがんばりましょう、と。
大きな欲というのは、神様の欲に近いです。「小欲を捨て、大欲に立つ」とは禅にもあります。

「伊勢神宮」というパワースポットを巡りながら、こんなことをつらつらと考えておりました。

投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2011年9月10日 土曜日

やっと公開!

こんにちは。

やっと新ホームページを公開できました。

前のホームページは、多くの方に良い評価をいただいておりましたが、更なる飛躍を目指して、一新しました。
事務所の体制も少し変わり、よりお客様に喜んでいただけるように、パワーアップしました。

今後ともよろしくお願いいたします。


投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2011年6月28日 火曜日

マスターブログを始めます。

マスターブログを始めます。どうぞよろしくお願いします。

投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL