マスターブログ

2011年11月30日 水曜日

人をつくる仕事

今月は、「税を考える週間」があり、税理士会の役員をしている関係で、数多くの行事に参加しました。

自分の仕事の時間をねん出するのに苦労しましたが、無料相談等で多くの方に喜んでいただけたのではないかな、と密かに思っています。


松下幸之助氏の「一日一話」(PHP研究所)の、今日の言葉です。

「精神大国をめざして

今日、わが国は経済大国と言われるまでになりましたが、人びとの心の面、精神面を高めるということについては、とかくなおざりにされがちだったように思います。
これからは経済面の充実にあわせて、お互い国民の道義道徳心、良識を高め、明るく生き生きと日々の仕事に励みつつ、自他ともに生かしあう共同生活をつくりあげていく。あわせて日本だけでなく海外の人びと、ひいては人類相互のための奉仕、貢献ができる豊かな精神に根ざした国家国民の姿を築きあげていく。
そのような精神大国、道徳大国とでも呼べる方向をめざして進むことが、今日、国内的にも対外的にも、きわめて肝要ではないかと思うのです。」

松下幸之助氏は、松下電器は人をつくる会社だ、とおっしゃっていましたが、学生や若いスタッフを数多く抱える飲食店こそ、将来の日本、あるいは世界を支える人をつくる会社だと思います。

店長、オーナーは、そういう気概を持って、日々仕事に取り組んでいただきたいと思います。
すばらしい仕事ですよ、飲食業は!


投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2011年11月28日 月曜日

肉を食べてダイエット

肉を食べてダイエットできるの~???

なんて思いますが、銀座のイタリアンレスラン「グルメドクターイタリアン」では、1日限定10食で、「肉食ダイエットランチ」を提供しているそうです。
http://www.gourmet-doctor.com/

この"肉食ダイエットランチ"には、3つのポイントがあります。

①低カロリー,低脂肪,低コレステロールであり、たんぱく質,鉄分,ビタミンB,亜鉛が豊富な"グラスフェッドビーフ"を使用していること

②安心・安全な、放射線フリー、産地指定のオーガニック野菜を使用していること

③唯一、努力して摂取すべき脂質、"オメガ3脂肪酸"を加えたドレッシングを使用していること


なぜ、しっかりとお肉を食べてダイエットになるのか・・・

それは、ダイエットは、"インスリンコントロール"が一番重要であるという考え方からきています。

インスリンは、主に炭水化物の代謝を調整するもので、インスリンが出ている間は、脂肪は燃えるどころか作られてしまうそうです。(脂質をエネルギーに変えるよりも糖質をエネルギーに変える方が体も楽なので、糖質がなくならない限り、脂肪は燃えていかないそうです。)

なので、炭水化物,糖質を制限することにより、脂肪がエネルギーに変わる状態にする必要があります。

<ちなみに、よく、人工甘味料を添加したダイエットソーダなどありますが・・・甘く感じただけでも、インスリンは分泌されてしまうので、ダイエットソーダを飲用していても、メダボになる可能性があるそうです(>-<)>

極力炭水化物,糖質の摂取を控え、良質のたんぱく質を豊富に摂ることが出来るメニューとなっているからいいんですね♪

特にグラスフェッドビーフは、あまり火を通さなくても美味しく食べられるお肉なので、脂が少なくても柔らかく、ジューシー。

ドライエイジングと言って、2~3週間低温で寝かせて、肉自体が持つ酵素によって熟成させ、風味を向上させているそうです。



このランチメニューの他にも、ヘルシーメニューを多数提供しています。
まだまだメニューも進化を続けているそうです!!

寄稿
フードコーディネーター 檀まゆみ

投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2011年11月27日 日曜日

浅草にて

先日、浅草のお客様を訪問する途中、天気が良かったので、

東京スカイツリー画像


携帯をスマホに変えたので、東京スカイツリーがきれいに撮れました。

こちらのお店もよろしくお願いします。

もんじゃ、お好み焼き 浅草「かっぱ祭り」
http://www.asakusa-monjayaki.com/monja/shop/kappamaturi/

一軒家を改装した、レトロな雰囲気のもんじゃ、お好み焼き屋さんです。





投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2011年11月27日 日曜日

借入で必要な事業計画書の作り方 《売上高予測-1》

売上高予想は、やりたいお店の業種業態を考えながら算出することが大切です。算出方法は下記の通りです。

【1】考え方として、ベースになる売上高は1週間を基準に1ヶ月、1年と算出。
  次に、営業時間を決定し、曜日ごとに一時間単位で売上を予測します。

【2】売上の算出根拠は 

1.通常の飲食店の場合、1時間当りの売上予想額の計算式は、
  イ)客数=総客席数×回転率×満席率
  ロ)1時間当りの売上予想額=客数×客単価

 (1)総客数=お店全体の席数

 (2)回転率=1時間当りに客席が何回転ぐらいするのかを予想。

   居酒屋は滞在時間を考え、最低2時間は居ると想定すると1時間で
   1回転は困難なため、2時間で満席になるかどうかを予想する。

   例えば、
   50席のお店であれば、18時から19時は0.5回転とするとお店の客数は
   25名を集客することになり、19時から20時では残りの0.5回転が最高で
   25人となります。従って20時から21時は18時から19時に入ったお客
   様が何人帰られるかによって、お店にあとどれくらいの人が入るのかを
   想定するのです。
  

   レストランの場合は
   滞留時間(来店してから帰られる迄の時間)を1時間とした場合、最高に
   お客様が入っても1回転しかしません。
 

   うどん屋は滞留時間を30分とすると最大で2回転はするという計算になり
   ます。
     
 
 

 (3)満席率=椅子の稼動率を指します。

   例えば4名がけばかりのテーブル席があるお店で、カップルばかりが入る
   お店は稼働率が悪く回転率は50%に近づきます。なぜかと言うと、4名が
   けのテーブルに2名しか座らないと言うことは、4名がけを100とした場合、
   2名分の50%しか満席になっていないからです。
   従って、この回転率を上げるにはカウンター席や2名がけを多く作り、様々
   な人数に対応できる客席を作らなければなりません。
   
   

   飲食店の中で一番回転率が悪いとされている業態は、焼肉屋です。
   焼肉屋は無煙ロースターという機械を導入するお店が多いため、投資コスト
   も高くなり、予算がなければ、6名がけで焼くところ(ロースター)が1機だけ。
   テーブルもロースターがあるので固定式となり、可動式が多いカフェや
   レストランと比較すると満席率はかなり悪い状態になります。
   ですから、できるだけ予算をかけてロースターの台数とカウンターや4名がけ
   を多く設置することをお薦めします。

 (4)客数とは一時間当りに入るお客様の数

 (5)客単価=お客様一人当たりの単価を言います。
 
  
 
 

   一人のお客様が平均でいくらぐらい使うかを想定します。
   例えばファミリーレストランであれば、昼は900円、アイドルタイムは400円
   ディナーは1,200円~1,500円というように設定するのです。

2.弁当やファーストフードなどテイクアウトがあるお店についての売上げ予測
  イ)1時間当り1台のレジで何名さばけるかを考えます。
    例えば、ファーストフードのように注文してから提供までの時間が3分とした
    場合
  
    60分÷3分=20人 となります。
    従って1時間当り最大でも1台のレジで20人をさばくことになります。
  
 

  ロ)1台のレジで1時間20人×レジ回転率=客数
    客数×レジ単価=1時間当りの売上予測  となります。

 (1)レジ回転数とは20名を100%とした場合、1時間で何名さばけるかを想定しま
   す。
 

 (2)レジ単価とは、お客様1人の単価=客単価と同じですが、弁当やファースト
   フードのテイクアウトのお客様を考慮し、1名という概念でなく、1組という考え
   方で単価を想定します。
   (テイクアウトは1人で3個の弁当を購入することもあるからです)


次回は、売上高予測-2です。
   

投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2011年11月19日 土曜日

税務署が狙う4つの不正

ここ最近の税務署の法人税調査のターゲットとして、「4つの不正」行為が挙げられています。

それは、

1.無申告
2.海外取引
3.赤字偽装
4.消費税の不正還付

です。

無申告法人については、昨年度から重点的に調査が行われており、平成22事務年度(22年7月~23年6月)は、法人税102億円、消費税55億円が追徴課税されたそうです。

かつては、本店を移転することで課税を逃れられる、などと言われていましたが、私のお客様で、移転した翌年に調査が入ったケースがありましたので、今は、そんなことないですね。

仕入などについても、同業他社との比較などにより異常に多額に計上されていたりすると、調査対象になります。

節税と脱税は異なります。

脱税は従業員の士気にも影響し、会社の本来の収益力(儲ける力)がわからなくなってしまいます。
会社の成長のためにも、従業員の幸福のためにも、脱税ではなく、節税を心掛けたいものです。

(納税通信2011年11月21日号を参考にさせていただきました)




投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2011年11月17日 木曜日

クロワッサンは何故月の形をしているのか

クロワッサンはオーストリアが発祥である...という説があるそうです。


昔、オーストリアがトルコに侵略されようとしていました。


城壁の下を掘ろうとしたトルコの活動の物音を、朝早くからパンを作っていたパン職人が聞きつけて、


何とか侵略を防ぎ、オーストリアを救ったそうです。


その際、トルコ国旗にある三日月>をかたどったパンを作り、「トルコを食べる」という意味を込めて、そのパンを食べた...


というお話があるそうです。



可愛らしい形をしていますけど...歴史的には、結構凄い理由があったんですね


ご存じでしたか...? 


寄稿
フードコーディネーター 檀まゆみ

投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2011年11月16日 水曜日

借入で必要な事業計画書の作り方  減価償却編

建物、建物附属設備、機械装置、器具備品、車両運搬具などの資産(減価償却資産といいます)は時の経過等によってその価値が減っていきます。

この減価償却資産の取得に要した金額は、取得した時に全額必要経費になるのではなく、 その資産の使用可能期間の全期間にわたり分割して必要経費としていきます。この使用可能期間に当たるものとして、法定耐用年数が法令で定められています。
つまり、減価償却とは、減価償却資産の取得に要した金額を、一定の方法によって、各年分の必要経費として配分していく手続をいい、この必要経費のことを減価償却費といいます。

もう少しわかりやすく言うと、こういうことです。 
200万円で仕入れ等に使う車を購入するとします。この200万円を、全額購入した年の経費で処理した場合、その年の利益は200万円減ってしまいます(場合によっては赤字になります)。購入した年に全額経費にしてしまうのですから、翌年以降は、前々年の車がなかったときと同じ損益の状態になります。これでは、正しい業績を表しているとはいえません。車というものは、購入した年の翌年以降も使い続けるものですから、使う期間で按分して経費化していく方が合理的です。

減価償却費の算出方法には、定額法と定率法の2つがあります。ただし、原則として、建物には定額法しか適用できません。また、建物附属設備(給排水、ガス設備等)以外の内部造作にも、定額法しか適用できません。
個人事業の場合は、定額法が原則ですので、定率法を適用したい場合は、翌年3月15日までに税務署へ届け出なければなりません。

下記の計算式をご覧いただくとわかりますが、定額法は毎年均等額を償却費として計上します。一方、定率法は最初の年の償却費が一番大きく、翌年以降徐々に少なくなっていきますので、定率法の方が、早く資金回収を図ることができます。


<定額法の計算式>
 減価償却費=取得額×定額法の償却率
 

<定率法の計算式>
(1)減価償却費が一定の計算式によって計算した償却保証額を上回る事業年度までは
 減価償却費=未償却残高(取得価額―償却費の累計額)×定率法の償却率 

(2)減価償却費が償却保証額を下回った事業年度以後
減価償却費=改定取得価額(下回った最初の事業年度の期首帳簿価額)×改定償却率

どちらも最後に1円だけ帳簿に残します(備忘価額といいます)。
なお、定率法の計算式は少々複雑ですので、専門家にご相談されると良いでしょう。

東京などの主要都市にある繁華街で出店するお店は、減価償却年数や借入期間をできるだけ短期に設定しています。
この理由としては、主要都市の繁華街は繁盛期が短い恐れがあるため、できるだけ早く減価償却を済ませて、資金回収を早期に行い、その資金を繁盛期が終わった段階でリニューアル資金に振り向けたり、2号店を出店する資金に当てて、企業規模を拡大するといった戦略をとっています(税務申告は、法定耐用年数によって計算する必要があります)。

例えば今流行の居抜き店舗を上手く活用して、お店を繁盛させると、投資額が安いため借入金を早期に返済でき、なおかつ、減価償却年数も比較的短期間というメリットもあり、効率的に稼げる事業となるのです。是非一度検討してみてはいかがでしょうか?

次回は売上高予測です。


年1回の決算申告のみもおまかせください!
詳しくはこちら→http://www.sugitax.net

投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2011年11月13日 日曜日

借入で必要な事業計画書の作り方  返済計画編

返済計画とは、借り入れた金額を何年で返済するのか―毎年の返済額や金利、そして、返済年数(何年で借入金を完済できるか)の計画を立てることです。

計画を立案する手順は下記の通りです。
(1)金融機関が決定したら、返済年数、金利などの返済方法を確認します。

(2)返済方法は

(イ)元利均等返済方式が一般的です。また、初年度から返済する方法と一年据え置きの方法があります。
初年度から返済するメリットは返済が早期にできることです。
一年据え置きとは、借入金の総額の金利だけを一年払い、二年度から元金(借りた金額)と金利を支払って行く方法です。この方法のメリットは、初年度に運営資金を蓄えることができます。二年後以降のキャッシュフロー(税引後利益と減価償却費をプラスした金額。企業としての収益になる)が楽になり、利益を安定的に出しやすくなります。


(ロ)返済年数の決定
返済年数は返済年数の限度まで借り手が選ぶことができます。
短期返済を選ぶ業態は、ダイニング、洋食レストランなどの洋食系の業態で、繁盛期が短いお店に適しています。早期に返済してその時代に合わせてリニューアルや新規店舗開業を行なうことができます。
逆に長期の場合は、和食や高級専門店などはやりすたりの少ない業態が適しています。

(ハ)返済計画の計算方法
・毎年の元金返済額=借入金総額÷返済年数
※元金とは借り入れた金額のこと

・借入残額=初年度は借入金総額を記載し、二年度から借入金総額-毎年の元金返済額

毎年返済するごとに返済額が減って行くことになります。

・毎年の支払利息=借入残額×利率
※借入金残額に対する利息 

・返済額計=毎年の元金返済+毎年の支払い金利

●以上の説明では分かりにくい方は、下記の例題をご参考にしてください。

(1)資金調達
・総投資額:3000万円 
内訳(工事費:1500万円/物件取得費:500万円/開業費:500万円)

・自己資金:1,000万円

・借入総額:2,000万円

・借入先 :日本政策金融公庫

・借入条件:金利=年利2% 返済年数=5年 返済方式=元利均等返済 
 

(2)返済計画
・毎年の元金返済額= 2,000万円÷5年=400万円

・借入残額=
初年度:借入総額2,000万円-毎年の元金返済額400万円=1,600万円
2年度:初年度借入残額1,600万円-毎年の元金返済額400万円=1,200万円
3年度:2年借入残額1,200万円-毎年の元金返済額400万円=800万円
4年度:3年借入残額800万円-毎年の元金返済額400万円=400万円
5年度:4年借入残額400万円-毎年の元金返済額400万円=0万円

・毎年の支払い利息=
初年度:借入総額2,000万円×金利2%=40万円
2年度:初年度借入残額1,600万円×金利2%=32万円
3年度:2年借入残額1,200万円×金利2%=24万円万円
4年度:3年借入残額800万円×金利2%=16万円
5年度:4年借入残額400万円×金利2%=8万円
    

・返済額計=
初年度:毎年の返済額400万円+毎年の支払利息40万円=440万円
2年度:毎年の返済額400万円+毎年の支払利息32万円=432万円
3年度:毎年の返済額400万円+毎年の支払利息24万円=424万円
4年度:毎年の返済額400万円+毎年の支払利息16万円=416万円
5年度:毎年の返済額400万円+毎年の支払利息8万円=408万円

以上が資金計画と返済計画です。

次回は減価償却費です。

>>年1回の決算申告業務のみのご依頼はこちらへどうぞ

投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2011年11月11日 金曜日

借入で必要な事業計画書の作り方  初期投資額の算出方法

 
今回から、数回に渡り、事業計画書作成のしかたについて、基本的なことを書いていきます。

事業計画書とは、これから借入を行なう金融機関に対して、借入を行う事業の数値的な根拠を説明し、返済をどのように行なっていくのかを説明する大切な資料のことを言います。

日本政策金融公庫などから創業資金を借り入れる際には、面接時に事業計画書を見せながら説明し、これに対する質疑にもしっかりと回答できる必要があります。

計画作成は、下記の手順で行います。

1.総投資額を算出する(税込み金額で)。
工事費は店舗工事概算見積書と同額の金額であることを確認すること

2.自己資金を決定する。自分が現金で用意できる金額

3.借入金額を決定する
算出式: 総投資額-自己資金=借入額

4.借入先を選定する。
日本政策金融公庫や銀行、農協、信用金庫などの金融機関を選び、借入金の限度額、金利、返済方法、自己資金額などの借入条件、借入先、申請手順について確認します。
  

【投資額の算出方法】
まず始めに今回の事業における総投資額を算出することから始めます。まず、投資額は工事費、物件取得費、開業費に区分されます。

(1)工事費とは
 

イ)建築工事費
建物をつくるための工事費用を指します。内装工事費や内装の設備工事費、厨房設備費などは含みません。

ロ)開発諸経費
建物を立てるためにかかる役所への申請費用です。例えば、建築許認可申請費用や地区地域の変更申請費用など。

ハ)内装工事費
壁、床、天井、ドアなどの建具、椅子やテーブル、照明器具、音響機器などの工事費のことを指します。
予算では坪単価×店舗面積で算定しますが、最低1坪当り45万円以上はかかります。ある程度デザイン性を重視したダイニングバーは、坪当り80万円ぐらいは想定しておく必要があります。

二)設備工事費
空調設備 : 冷暖房機器の設置費用と機器
吸排気設備  : 新鮮な空気を外部から取り込み汚い空気を外部に排出する設備機器と設置費用
給排水設備工事 : 厨房内の排水と給水の工事費
ガス工事 : 店内にガスを配管する工事
電気工事 : 分電盤やコンセント、電気の配線などの工事
給排水工事  : 店内に水を給水する設備と排水する設備の工事
弱電工事 : 電話線の配線やスピーカーの配線工事

などがあります。業態によりコストはかなり異なります。
通常のレストランは坪当たり15万円で計算すると良いでしょう。
焼肉店や鍋物店などはかなりコストが高いと思ってください。

ホ)厨房設備工事
厨房機器とその設置工事を指します。
店舗規模によって異なりますが、新品の機器の場合、20坪のレストランで400万円前後です。

以上のような工事費の金額が自分では分からない場合は、内装設備工事を行なっている業者や設計事務所に概算の金額を教えてもらいましょう。

工事費用の参考例としては、皆さんがご存知のスターバックスコーヒーの場合、内装設備工事で坪当たり約120万円と厨房設備工事が1,000万円と言われています。

(2)物件取得費とは
物件を借りるときに必要なコストを指します。保証金、敷金、礼金、造作譲渡費用です。
これは物件を借りたときの契約書をもとに作成します。

(3)開業費とは
開業費は一般的に上記の工事費に含まれないものをいいます。

イ)食器備品購入費
食器を購入するために必要な金額です。目安としては洋食店で1席当り1.5万円~2万円、和食店で1坪当り3万円以上です。

ロ)什器備品費
厨房で使用する鍋や釜、包丁などですが、目安としては20坪のレストランで約80~100万円です。

ハ)ホール備品費
しょうゆ差し、シュガーポット、お盆などホ-ルで使用する備品を言います。これは1テーブル当り1万円ぐらいに設定すると良いでしょう。

ニ)メニュー制作費
メニューやテーブルポップの印刷代。自分でコンピュ-ターを使用して印刷する場合は、20坪ぐらいのお店で約20万円。
大手ファミリーレストランのような写真入りであれば100万円(料理の撮影代含む)。

ホ)販売促進費
これは、オープンキャンペーンにかかるコストです。例えば、チラシ作成代、新聞折り込み代、街頭配布のチラシ代、サービスチケットなどです。予算は出店立地によって異なります。

ヘ)レジ購入費
大半の飲食店で使用されているレジは、ポスレジというものですが、これは30万円前後で購入できます。

ト)ユニフォーム代
従業員の人数×2セット×ユニフォーム単価です。業務用のユニフォームであれば1セット2万円前後、耐久性を考えずコスト重視であれば、ユニクロなどを使用すると安くなります。

チ)開店前人件費
開店前に従業員を雇用して教育を実施するときの給料や時給。

リ)運転資金
店を運営して行くための予備費。釣り銭や小口現金、食材費なども含まれます。

ヌ)前家賃
開業するまでに発生する家賃。

ル)設計料やコンサルタント料
設計事務所、コンサルタント会社に見積を依頼する費用。

ヲ)装飾品購入費
絵や花瓶など店内に飾る装飾品の購入費用。

ワ)消耗品費
トイレットペーパー、文房具用品、掃除道具などの備品類の購入です。

※上記の費用を算出する場合、必ず消費税が含まれた金額を算出してください。

次回は、返済計画です。

投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2011年11月 6日 日曜日

自分の現在地を確認する

私は、安岡正篤先生の「一日一言」、松下幸之助先生の「一日一話」、そして、鍵山秀三郎先生の「一日一話」の3冊を常に机の脇において、思い出すと読むようにしています。

ちなみに、本日は、安岡先生は「立命の学」、松下先生は「部下のために死ぬ」、鍵山先生は「感謝は率直に」です。

お店を経営すると、時間に追われ自分を見つめなおす暇がなくなり、つい、日々の業務に流されてしまいがちです。
それに、社長になると、周りに注意してくれる人もいなくなります。

メンターといった人がいればいいのでしょうが、なかなかそういう人にめぐり会える機会もありませんので、、私の場合は、先哲の著書や、上に掲げた本を見返しては、今日の自分はどうなのか、と自問自答し、自分の現在地を確認するようにしています。

お客様やスタッフの力によって、自分は仕事ができているんだ、と気づけます。

投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL