マスターブログ

2011年12月23日 金曜日

借入で必要な事業計画書の作り方 要員計画&標準労働時間計画編 その2

人件費計画は、前回の計画を作り上げてから行います。

人件費に含まれるものは、社員の給与、法定福利費(健康保険料、厚生年金保険
料、雇用保険料などを言い、社会保険に加入しない場合は必要がありません)、
賞与引当金(賞与の積み立て)、諸手当(家族手当、皆勤手当など)があります。
アルバイトやパートの人件費には、時間給(一時間あたりの賃金)、法定福利費
(社員と同等の内容)、諸手当があります。

では、社員給与体系を決定しましょう。

社員月給は、大きく大別すると二種類の方法があります。

1. 月給とボーナス制
 ・基本給(=労働基準局で定められている賃金以上を設定)の設定は、新聞や
  フリーペーパーの求人雑誌を参照し、相場をつかむ。
 
 

 ・能力給や手当の設置
   役職手当(店長、料理長など)、家族手当、精勤手当など。
 

 ・ボーナスは、基本給×月分の計算になります。飲食店の場合は往々にして
  夏冬1ヶ月づつですが、チェーンなどの飲食企業の場合は自社の給与規定
  に基づきます。
  また、ボーナスでなく寸志という形でだされている場合もあります。この場合
  はオーナーの気持ちをお金で表す場合に用いられます。

 ・賞与引当金は、ボーナスを12ヶ月で割って積み立てる方式です。

2. 年俸制
 ・基本給(=労働基準局で定められてる賃金以上を設定)の設定は、新聞や
  フリーペーパーの求人雑誌を参照し、相場をつかむ。
 

 ・能力給や手当の設置
   役職手当(店長、料理長など)、家族手当、精勤手当など。
 

 ・年間契約となり、賞与も月給の中に含みます。このため、毎月賞与引当金を
  計上するより、年俸制のほうが管理しやすいということで、現在では年俸制も
  多くなってきています。

 上記の2種類の方法を使い、年間の給与、月間給与を算出します。


次に、アルバイト&パートの給与は、

・基本時給(=労働基準局で定められてる1時間当りの賃金以上を設定)の設定
 は、新聞やフリーペーパーの求人雑誌を参照し、相場をつかむ。

・アルバイトとパートの人件費は、基本時給で計算します。従って、前回のその1
 で算出した一日のアルバイトとパートの総労働時間を計算し、決定した基本時給
 を計算(パートとアルバイトの総労働時間×基本時給=1日当りの人件費)しま
 す。

・月間人件費、年間人件費を算出します。

ここ迄算出した後、社員の給与、アルバイトとパートの給与のそれぞれを月間、
年間で算出した合計額を出しておきます。

次に、売上高予想で算出した月間、年間の売上高から人件費率(年間あるいは
月間の社員、アルバイトとパートの人件費合計÷年間あるいは月間の売上高)を
算出し、適正であるかどうかを検証します。
目安としては原価率と人件費率を足したものをFLコストといいますが、この数値が
60%以下になるように人件費をコントロールする必要があります。

次回は、損益計算書(利益計画、損益計画)の作成 その1 です。

投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2011年12月15日 木曜日

借入で必要な事業計画書の作り方≪要員計画&標準労働時間計画編 その1≫

要員計画とは、効率的・効果的に店舗を運営するためには、社員やアルバイトなどスタッフの人員がどれくらい必要かを割り出す計画をいいます。
標準労働時間計画とは、一日のスタッフの総労働時間を割り出し、人時接客指数と人時売上高を算出して、人件費のコントロールを行うための指標を作成することをいいます。

では、はじめに要員計画を立案してみましょう。

1)客席数から割り出す人員数の目安(レストランの場合)は、
  

  総客数÷4名=平均テーブル数
  平均テーブル数÷4卓=満席時のホールスタッフ数

  例)50÷4名=12.5テーブル 12.5テーブル÷4卓=3.1人 

    答えはホールスタッフ3名

2)ドリンクパントリー(ドリンクを作成する場所)1名、レジ1名を設定し、合計2名

3)調理場のキッチンスタッフは、一般レストランで、冷製(前菜、サラダ)を作る
 スタッフ1名、ストーブ前1名、補助及び仕込みスタッフ1名、洗い場1名の合計
 4名

4)スタッフ人員は、ピーク時間で合計9名

5)社員数は、営業時間によって異なりますが、例えば、営業時間が11時から23時
  の場合、最低ホール2名、調理2名の合計4名とし、上記1~4のスタッフの中に
  店長を除く、3名を入れます。

  基本的に店長の職務は、アルバイトと同じようにスタッフとして働くのではなく、
  お店全体を管理することが仕事となるため、接客サービスや調理に携わるので
  はなく、あくまで、お店全体がスムーズに営業できるように指示を出すことが仕
  事となります。

  どうしてもお店の作業に入るのであれば、レジで仕事を行い、入口でお客様を
  案内したり、レジにいてお客様が帰られたら、下げものの指示を出したりと、
  お店全体の指示を出すことができるようにします。

6)一時間毎の人数の割り出しをポジション毎(上記職種別)に割り振りを行い、
 ピークの時間帯に9人になるように設定します。アルバイトとパート1名の1日の
 労働時間は最低3時間、最高5時間で考えます。これを標準シフトといいます。

7)標準シフトができたら、社員を含めた総労働時間数(すべてのスタッフが働い
 ている時間の合計)を算出します。

8)人時売上高(スタッフ1人当りの稼ぎ高)を算出することで、人件費率を割り出し
 て、適正であるかを判断します。
 

 
 人時売上高の算出方法は、
 

 1日の平均売上高÷総労働時間。

 次に、社員の給料を時間給に直します。計算式は、

 社員時給=月給÷(労働時間×勤務日数)

 最後に、人件費率を割り出します。

 人件費率=平均時給÷人時売上高

 例)1日平均の売上高50万円÷総労働時間数120時間=人時売上高4,166円

   平均時給1,000円÷人時売上高4,166円=人件費率24%

9)人件費率の目安は、ほとんどの業種業態のお店で30%以下になるように設定し
 ます。

注意) 標準シフトは飲食店で働いた経験則がかなり必要となります。飲食店に
    従事していない方は、自分がやりたいお店に近い業種業態を選び、飲食店
    でアルバイトして経験則を高めることも必要です。

次回は、要員計画&標準労働時間計画編 その2です。

投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2011年12月12日 月曜日

富士山

今朝、天気が良かったので、自宅のベランダに出て外を眺めていたら、

富士山の画像


























富士山が見えました。かろうじて。。。
矢印の先です。

ちょっと寒かったですが、朝からいい気分でした。


投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2011年12月 7日 水曜日

借入で必要な事業計画書の作り方 《売上高予測-2》

前回の補足になりますが、総客席数についてお話をしたいと思います。

総客席数とは、物件が決定した段階で、その物件の平面図(平面図=店舗を
上から見た店舗レイアウトのことを言います)を設計士や内装業者に依頼して
作ってもらったものの客席の数をいいます。

ただし、平面図を作成していない状態で事業計画書をとりあえず算出してみた
い方は、業態によって異なります。

下記の計算式と例を参照ください。

計算式は、席数=面積×目安の倍数


 ・居酒屋の目安 : 面積×1.5席(店舗面積40坪×1.5=想定60席)
 ・レストランの目安 : 面積×1.2(店舗面積40坪×1.2=想定48席)
 ・喫茶店やファーストフードの目安 : 面積×2(店舗面積40坪×2=想定80席)
 ・高級専門店の目安 : 面積×1(店舗面積40坪×1=想定40席)

では早速、前回の続きをご説明致します。

1時間当りの売上予想額が算出できましたら、次は曜日ごとの売上予測額を算出
します。前回の連載を復習して、今回につながるようにしましょう。
曜日ごとの売上予想額、月間売上予想額、年間売上予想額を算出してみましょう。

手順は次の通りです。

 1. 前回紹介した公式を使い、1時間当りの売上予想額をすべて算出します。
   例) 1時間当りの売上予想額=20,000円

 2. 1時間当りの売上予想額を1曜日毎に合計していきます。月曜日~日曜日
   (定休日を除く)の曜日毎の売上予想額を算出します。
  
 

  例)営業時間8時間×1時間当りの売上予想額20,000円
                         =1曜日の売上予想額 160,000円

 3. 1日の平均売上予想額の算出方法は、曜日毎の売上予想額を1週間分合算
    して、その合計を7日間で割り、1日の平均売上予想額を算出します。
 

   1日の平均売上予想額=曜日別売上予想額の1週間の合計÷7日間
   例) 160,000円×7日=1週間の売上合計予測額1,120,000円
      1週間の売上合計予測額1,120,000円÷7日間
                        =1日の平均売上予想額160,000円
 

 4. 月間売上予想額は、3.の1日の平均売上予想額を30日で加算したものとなり
   ます。

   月間売上予想額=1日の平均売上予想額×30日
   例)1日の平均売上予想額160,000円×30日=月間売上予想額4,800,000円

 5. 年間売上予想額は、4.の月間売上予想額に12ヶ月を加算したものです。
   年間売上予想額=月間売上予想額×12ヶ月
   例)月間売上予想額4,800,000円×12ヶ月57,600,000円

売上予測額は、最低でも目安として家賃の10倍以上の売上になっているかを確認
します。
当然ですが、マーケティング調査を実施し、もし、家賃の10倍以上の売上予想額に
ならないと判断した場合は、事業計画自体が無理ということになり、その場所での
出店は見合わせることにするか、あるいは、業態そのものを変更するか、という選
択肢となります。

次回は要員計画と標準労働時間計画 その1です

投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2011年12月 4日 日曜日

セミナー終了しました

昨日開催しましたセミナーですが、たいへん多くの方にご出席いただきました。
ありがとうございました。

午前中は雨でしたので、心配しましたが、午後にはすっかり晴れ、「晴れ男」の面目躍如でした。

当日の模様です。
セミナー画像

今後は、起業、経営計画、雇用問題等のセミナーを定期的に開催したいと考えておりますので、ぜひ、ご参加ください。

投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL

2011年12月 3日 土曜日

師走

早くも12月になりました。

あっという間ですね。
今日は、1日肌寒く、普段、自転車で移動している私には、結構堪える日でした。

こういう日は、鍋をつつきながら熱燗で1杯やりたいところですが、仕事がたまっているので、我慢です。

明日(というより今日!)はセミナー開催日です。
天気予報によると雨のようですが、来場される方に申し訳ないので、なんとか、曇りぐらいになってもらえないかなcloud

投稿者 杉田浩二税理士事務所 | 記事URL