HOME > 飲食店 豆知識

飲食店 豆知識

店名について

店名についてのイメージ

巷には、様々な名前の飲食看板があふれています。
飲食店経営を夢みてようやく手に入れたお店、当然お店をあらわす店舗名については、あれこれ思いをめぐらせ我が子の名前を決めるがごとく、決定した(する)ことと思います。

そんな思い入れたっぷりの自分の店名がある日突然使えなくなったら?

困りますよね。
実は、飲食店舗にかかげる看板名称には、商標権という権利がからんできます。

実は、飲食店舗にかかげる看板名称には、商標権という権利がからんできます。
つまり、つけようと思った(あるいはつけてしまった)名称が、すでに他人のもの(権利)で、仮にそれを使用したら、その人(権利者)から、使用の差し止めあるいは損害賠償請求を被るとこがあるのです。

「いやいや、誰もが知っている有名な名称だったらそうかもしれないけど、普通の名称なら大丈夫でしょ?というご意見や「私はもう10年も前からこの店名を使って営業している。すなわち、この地域の人にはそれなりに認知されている。今さら権利侵害なんてことはないでしょ」というご意見が返ってきそうですね。
私も、私のお客様である飲食店社長から相談されて、ある弁理士の先生に素人まるだしの意見をぶつけました。
「日本国内に、何万という飲食店が存在してその大部分が店舗名の権利関係を気にすることなく(調整することなく)勝手にそれぞれが看板をかかげています。いい響きの、あるいはおしゃれな名前は、多くの人が、考えるでしょう。
それが先に商標登録した、ただひとりのものということになり、そしてその人がその他全員の人に対して排他的に使用差し止めをふりかざしたら、その人がその地域で脈々と築いてきたお客様との関係を失いかねない。それは、ある意味で社会秩序を乱すことになりませんか?」と。

弁理士先生は言いました。「わかります。お気持ちは痛いほどわかるんです。でも、商標権とはそういうものなのです」
そういって、大小さまざまな判例を教えてくれました。商標権は先願主義の考え方で、飲食店名称(看板)は、「飲食物の提供」(商品及び役務の区分)というカテゴリーの中での争いになるそうです。ただし、同じ飲食店でもフランス料理とラーメン店では、ジャンルとして隔たりがあるのでバッティングする可能性は少なくなる、しかし、例えばお好み焼き店とラーメン店だったら、B級グルメという土俵の中でバッティングしうる、そうです。(非常に微妙な要素が横たわっていますね)

いずれにしましても、これから飲食店を開業する、店名を考える、という方は、まずはその候補名が商標登録されているかどうかを特許庁のホームページで確認しましょう。

確認方法のイメージ
確認方法
  1. ウェブ検索で「特許電子図書館」と入力
  2. 検索結果で最初に出てくる「特許電子図書館-トップページ」を開く
  3. 検索メニューの「商標検索」から「4.称呼検索」を選択
  4. 「称呼1」にカタカナで名前を入力して「検索実行」ボタン押下
  5. 検索結果があれば「一覧表示」ボタンを押下
    ※「一覧表示」は(番号順)よりも(類似種類別順)の方がわかりやすい

まったく同じ名前がなくても類似しているということで結局問題になることもあるのでそのときは専門家(弁理士)に相談したほうがいいかもしれません。
仮にセーフであっても、そのままなにもしないで使用する、というのでは安心できません。あとから誰かが商標登録されてしまうかもしれないからです。いい名前、愛着のある名前なら、お金は多少かかりますが、真っ先に登録した方が良いと思います。
ほとんどの方が始めたときにはいつかは二店舗目、三店舗目と考えるようですから、将来的に規模が拡大してメジャーになることをひそかに願うならなおさらです。
既に営業を始めてしまっていて(看板をかかげてしまって)いる方も同様に、まずはホームページで確認してみましょう。
もしセーフなら前述したとおり商標登録を検討すべきでしょう
仮にアウトだったら選択肢としては下記の2つです。

資金管理

お金に色をつけること(資金管理)

飲食業は現金商売であり、現金回収までに時間を要する卸売業や建設製造業などと比べて資金繰りに神経をとがらすことは少ないでしょう。
(ここでいう資金管理とはあくまでも、現金回収と現金支出のタイミングのズレや臨時費用の支払に備えるための現金調達作業などを言っているのであって、売上が足らなくて支払資金に窮したときの対策などは含みません。
というのも、売上が足らないことによる資金対策は根本的には業績管理という視点によらなければならないわけで、それを資金繰りの記事のなかにいれてしまうと論点が散逸してしまい複雑かつわかりにくくなってしまいますので。)
 しかし現金商売の場合、現金が手元にたまっていく(いつでも手をつけられる)という状況が落とし穴になりかねない、ということもあります。
日々の売上金を貯めておく通帳ひとつだけでは将来的な支出分を明確にしておくことができません。明確にしておかないことによっていざ支払う段階になって、その分の支払現金が足らないということも起こります。
1年に一回、あるいは何年に一回の臨時支払項目を挙げ、これらの支払準備として月々の積み立て(引き当て)として別通帳に資金を移していってください。

臨時費用にはどんなものがあるでしょうか?

  • 消費税納付額
  • 償却資産税等その他税金
  • 複数年に一回の店舗更新料
  • リニューアル資金積立
  • 年払保険料等の年払項目
  • 車両の車検費用
  • 正社員のボーナス資金

これらの資金管理も、毎年の年間計画のなかでおりこんでいくことになります。
(継続MASシステム利用による予算計画策定にて)
~お金に色をつけて管理していくことが重要です。

キャッシュポジション

こうした管理体制をとったうえで、日常的に入出金が繰り返される預金通帳にはいくら位あればいいのか?ということですが、
最低月商一ヶ月分くらいは残高保有しておくと安心だと思います。
現金商売ゆえ貸し倒れが発生することはありませんので多額の資金保有はいらないかもしれませんが、景気変動や季節変動などの売上減少局面に対処するための緩衝材(バッファー)としてある一定の資金残高を目指す(意識する)ことをおすすめします。
これをキャッシュポジションの設定といいます。
キャッシュポジションを確保するためには、とりもなおさず通帳残高をいつも確認すること、そしてポジション残高まであといくらなのか?を常にみていってください。
そうするとそこから、具体的な予算達成への意識→施策:行動計画へと思考がまわりはじめることと思います。